X

記事紹介

記事紹介 アーカイブ

3月, 2016

CV数を162%改善! カーセンサーが導入したCriteoのアプリ内広告の魅力とは

現在リターゲティング広告で成長を続けるCriteo。そんな同社のアプリ内広告を利用してCV数を162%、CPAを86%に改善したのがリクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車メディア「カーセンサー」だ。SEMやディスプレイ、ソーシャルメディア広告などオンライン広告ではほとんどの施策にトライしてきたという同社も、今回の成果には驚いたという。リクルートマーケティングパートナーズの中村与希氏とCriteoの三野泰宏氏に、なぜここまでの成果が出たのか、その理由に迫った。

Criteoに聞く業績躍進の理由と2016年日本市場の展望

今や日本市場で代表的な広告配信プラットフォームの立ち位置を得たCriteo。2015年第4四半期の決算では売上高は3億6,200万ユーロと、前年同期比55%増。通期の売上高は11億9,300万ユーロと前年比60%の数値を計上した。好業績の秘訣は一体何なのか。国内事業のセールス部門を統括するシニアディレクター 天野耕太氏に、今年の日本市場の展望と併せて語っていただいた。

210億ドル

1年間のポストクリック セールス(2015年3月31日まで)

16,000+

を超えるパブリッシャーの広告在庫を保有

ROI

CPCモデルを採用

700名+

R&D、技術および BIエンジニアの社員数