Bounce Tracking (バウンストラッキング)

リンク追跡とも呼ばれ、URLにパラメーターを追加することで、ユーザーがあるサイトから別のサイトへ移動する際の追跡、計測が可能になります。認証プロバイダーを含め、多数のサプライチェーンパートナーが数百万ものウェブサイトでクレジットカードの本人確認などに使用する仕組み。またGoogleやFacebookでも、検索画面やデジタルアセット内の広告で、広告主のリンク先がクリックされた回数を追跡するために使用しています。

UID2やPrebid SSOも、このテクノロジーによって、インターネットゲートキーパーによるアクティブな干渉があった場合でも、ユーザーがアクセスしたサイト全体でオプトインの選択が確実に共有されるようにしています。