アプリ広告


ユーザをお客様のアプリに呼び戻し、閲覧、購入を促します。アプリ広告はCriteoダイナミックリターゲティング広告のコア機能の1つです。関連性の高いパーソナライズ広告をお客様に提供することで、ブランドを重視するデザインと広告パフォーマンスの両方を最適化できます。

価値のあるお客様にモバイルアプリを利用してもらい、購入につなげるソリューション

アプリ広告を利用すれば、毎月14億人ものユーザから収集される学習データをもとに、各ユーザの購入意思や閲覧コンテンツに応じてモバイル広告の内容をリアルタイムに最適化し、商品カタログ全体の中から各ユーザに最適な商品を提案できます。

アプリリターゲティング:その仕組みと重要性とは?

アプリ広告の仕組み

優れたパフォーマンス

アプリ広告は離脱したユーザを呼び戻すだけでなく、再訪問があれば、購入につながる確率が30%上昇します。

リアルタイムの関連性

Criteo ユーザグラフKinetic Designを通じて、アプリ広告は商品全体の中からユーザが閲覧した、 あるいはまだ閲覧したことのない新しい商品をピックアップして、ユーザに提案します。様々なクリエイティブ要素を自動的に組み合わせることで、 即座に広告が生成されます。

リーチを最大化

ユーザ別にパーソナライズされたダイナミック広告を表示するアプリ広告は、555k以上のモバイルアプリで あらゆる広告サイズに対応可能です。