2019年07月03日
共有する

【セミナー報告】シナジーマーケティング社セミナーにてCriteoの新プラットフォーム活用法を解説

 

去る6月28日(金)、CRM関連製品及びサービスの提供、戦略構築支援で知られるシナジーマーケティング株式会社(本社:大阪市)主催のセミナーが行われ、Criteoセールスマネージャーの中村祐介が第1部の講師として登壇いたしました。

セミナーのタイトルはずばり「フルファネルへと進化したCriteoの新しいプラットフォームと活用方法」。当日は主に関西でビジネスを展開する広告主・事業主のご担当者様や広告代理店のご担当者様など約30名にお集まりいただきました。

中村はまず、「ユーザの嗜好の多様化や選択肢の多様化により、近年、ロイヤルカスタマーの維持・獲得がますます難しくなっている」と指摘。その中にあってCriteoが様々なマーケティングキャンペーンで成功を収めている理由として、質・量ともに世界最高レベルの消費者行動データプール、そしてそれらのデータを分析・有効活用できる独自の優れたAIエンジンを有していることを挙げ、その強みについて解説しました。

続いて、これまでリターゲティング広告の印象が強かったCriteoが、新規プロダクトの相次ぐ開発・リリースによって、リタゲだけではないフルファネルソリューションを提供できる体制へと進化しつつあることを説明。新規顧客獲得ソリューションのCCA(Criteo Customer Acquisition)や休眠中の顧客をサイトに呼び戻すCAM(Criteo Audience Match)の機能や効果的な活用法を紹介し、Criteoにしかできないマーケティングキャンペーンを通じたロイヤルカスタマーの獲得・維持の実現を呼びかけました。

その後の第2部ではトランスコスモス株式会社の亀井昭宏氏による「お客様との対話データを活用した新規顧客発見、最良コミュニケーション構築法」、第3部ではシナジーマーケティング株式会社の光山誠一氏による「LTVに貢献する広告手法、アドレサブル広告とは」土台して登壇、それぞれ非常に興味深いお話を聞かせていただきました。

また、講演会後には懇親会も行われ、参加者の皆様と大変有意義な意見交換・交流の時間を持つことができました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Criteoでは大阪支社を構え、専門スタッフが関西エリアの皆様のマーケティングキャンペーンについてのご相談を承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。