2018年09月06日
共有する

この夏、何が売れた? 「サマーセールに関するオンライン・ショッピング動向調査2018」報告

 

例年以上に暑かった2018年の夏、サマーセールではどんな傾向が見られたのでしょうか?Criteoでは、2018年7月末、全国の20歳~59歳でオンライン・ショッピングの利用経験がある男女600人に対して、「サマーセールに関するオンライン・ショッピング動向調査」を実施しました。この夏、日本のオンラインショッパーは何を買い、どのくらいの金額を費やしたのでしょうか?興味深い調査結果をご紹介しましょう!

 

オンライン・ショッピングで最も利用されているデバイスは「PC」。でも・・・?

まず、オンライン・ショッピングに利用する端末としては、63%が「PC」、33%が「スマートフォン」と回答しました。ただし、20歳代の回答者の過半数にあたる50.4%は、オンライン・ショッピングで最も頻繁に利用するデバイスは「スマートフォン」と回答。さらに20歳代~30歳代の約3割はブラウザ上ではなく、専用のアプリを経由してオンライン・ショッピングをしている実態が明らかになりました。若い世代の顧客獲得には、スマートフォンサイトやアプリが必須であることは間違いなさそうです。

 

男性が最もよく買ったのは「家電製品」、女性は?

続いて、「実店舗又はオンライン通販で購入する商品ジャンル」を聞いたところ、オンライン通販で購入する商品ジャンルは、男性は「家電製品」(29.7%)や「書籍」(25.7%)の回答が多かったのに対し、女性は「衣類」(48.3%)や「ファッション用品」(34.0%)などを多く購入したと回答。男女の趣味・趣向の違いが、購買行動に如実に反映される結果となりました。

 

「ショールーミング現象」がますます顕著に!

さらに「あなたは、実店舗で商品を見た後にその商品をオンライン通販で購入した経験はありますか?」という問いに対して、56.8%の人が「経験がある」と回答。また、「実店舗で商品を見てからスマホで通販サイトでの価格を確認することがありますか?」の問いには、「ある」と答えた人の合計が58.9%に上る結果に。「実店舗で商品を比較検討し、オンライン通販で購入する「ショールーミング傾向」がますます顕著になっていることが明らかになりました。

 

平日・休日でオンライン通販を利用するシーンに違いが!

では、オンラインショッパーの皆さんは、日々のいったいどんな場面でオンライン・ショッピングを楽しんでいるのでしょうか?

「いつ通販サイトを見ることが多いですか」と聞いたところ、平日は「夕食~就寝前」が最も多く72.8%、休日は「午後の外出中」が70.0%と高い割合を占めていることが明らかになりました。平日と休日とでオンライン・ショッピングをするシーンに違いがあるとは、実に興味深い結果ですね。

 

オンライン・ショッピング、1度にいくらなら「ポチれる」?

では、日本のオンラインショッパーの皆さんは、1度のオンライン・ショッピングで、どのくらいの金額まで購入を決断できるのでしょうか?「パソコン・スマートフォンで購入を決断できる商品金額は何円までですか?」と聞いたところ、スマートフォンでは平均1万101円、PCでは平均2万1,535円という結果に。PC利用者の方がオンラインでより高額の買い物をする傾向にあることが分かりました。ただし、回答者の中にはスマートフォンでの購入金額の最高額が、なんと26万円というユーザもいたそうです!デバイスによる購入金額の差異が、これからどのように変化していくのか、要注目です。

 

このほかにも、今回の調査ではオンライン・ショッピングについての興味深い実態が明らかになっています。ちょうさけっかについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの調査リポートをお読みください。