超高速!5Gの登場で動画広告はどう変わる?

 

毎秒10ギガビット、圧倒的な通信速度が叶えるものとは?

いよいよ2020年春に、5G(第5世代移動通信システム)の商用利用がスタートします。インターネットの普及⇒スマートフォンの普及に続く、大きな変化として注目を集める5G。5Gには大きく分けて3つの注目すべき特徴があります。

まずは何と言っても、その通信速度の速さです。これまで最速だった4Gでは毎秒1ギガビットだった通信速度が、5Gでは10ギガビットに。通信速度が10倍も早くなり、たとえば2時間の動画なら、たったの3秒でダウンロードできるようになります。

2つめは、超低速遅延。つまり、通信の遅延をほとんど感じなくなることです。従来の4Gの通信遅延は100分の1秒でしたが、5Gでは1000分の1秒に。通信の遅延をほぼ感じなくなるレベルに改善されました。インターネット回線はもちろん、ビデオ通話の回線も途中で切れてしまったりすることがなくなり、クラウドに保存した動画も「ダウンロード中です」という表示を見ながら待たされることなく、すぐに見ることができるようになるでしょう。

3つめの特徴は、多数同時接続が可能になったこと。たとえばイベント会場やコンサート会場で同時に多数の人がインターネット接続をしても、これまでのように回線がパンクしてしまうことはなくなります。また、容量を気にする必要がなくなるので、テレビやエアコンなど家の中のあらゆる家電をインターネットで繋いで、管理することも可能になると言われています。

5Gが動画広告市場拡大の起爆剤に

5Gの普及によって、もっとも大きな恩恵を受けるのが「動画」です。

これまではスマートフォンで動画を長時間視聴すると、バッテリーへの負荷が高まって「電源切れ」の原因になってしまいがちでした。また、通信制限を気にしてスマートフォンでの動画視聴を控えていた人も多いでしょう。しかし、圧倒的な通信速度の5Gの登場で、動画視聴に関するこういったトラブルはほぼ解消されます。電源や通信制限を気にすることなく、いつでもどこでも安価に動画を楽しめるようになるため、これまで以上に多くの人が動画を視聴するようになることは想像に難くありません。

そこで、注目を集めるのが動画広告です。最近ではYouTubeなどの動画視聴プラットフォームに加え、facebookやInstagramといったSNSでも動画対応のフォーマットが提供されるようになるなど、広告主にとっては動画広告によるプロモーションの選択肢の幅がますます広がりつつあります。この傾向は5G普及以降、一気に加速するものとみられており、 サイバーエージェントの調査では、2018年の動画広告市場規模は前年比134%の1,843億円ですが、2020年には2,900億円、2024年には4,957億円に達すると予測されています。

出典:サイバーエージェント プレスリリース2018年11月30

また、5Gの登場で、動画広告はオンラインだけでなくオフラインでの活用も増えると予測されていて、例えば電車の車内広告やデジタルサイネージ広告では、すでに動画広告が多く採用されています。そう、オンラインでもオフラインでも、今や動画広告が広告の主役になりつつあるのです。

動画広告、成功のポイントは? では、マーケティングゴールの達成に動画広告をうまく活用するには、どうすればよいのでしょうか?

まず指摘されているのが、クリエイティブの質の向上です。事実、すでに高いパフォーマンスをあげている動画広告の多くが圧倒的に高品質なクリエイティブを提供しています。目の肥えた視聴者から評価されるには、一定レベルのクリエイティブを提供する必要があるのです。

しかし、だからといって品質の向上ばかりを目指すのが正解とも言えません。動画広告は静止画広告に比べて、音や画像の動きで視聴者をひきつけやすく、より多くの情報を伝達できる反面、作成にコストや時間がかかりがちです。しかも、効果検証を行うためには、同じ商品やサービスについての動画クリエイティブを同時期に複数制作する必要があります。

さらに、広告の効果検証についても、注意が必要です。これまで静止画広告で行ってきた効果検証法が、そのまま動画広告の効果検証に応用できるとは限らないからです。ブランディングが目的ならば、再生回数や視聴維持率などを効果検証の指標にすべきであり、売上増が目的ならば、コンバージョン率やCPAなどを適確に検証できるシステムを構築する必要があります。

いずれにせよ、上質なクリエイティブを大量に制作・運用できるシステム、効果を適切に検証できるシステムの構築が、動画広告の成否を分ける鍵であることは間違いなさそうです。

Criteoではすでに動画を使ったリターゲティング広告ソリューションを提供しています。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。なお、Criteoのリターゲティング広告の仕組みの概要は、こちらでお読みいただくことができます。