AMPの基本~あの「雷マーク」の意味、知ってますか?

 

AMPで「待てないユーザ」の離脱を防ぐ

最近、スマートフォンの検索結果に、「雷マーク」や「AMP」という文字が表示されることに、お気づきでしょうか?

このマークは、そのページが「AMPに対応していますよ」ということを意味する表示です。AMP(Accelerated Mobile Pages、読み方:アンプ)は、2015年10月、モバイルユーザがより快適にホームページを閲覧できるようにすることを目的にGoogleとTwitterが共同で立ち上げたオープンソースプロジェクトのことで、簡単にいうと、モバイル端末上でホームページをよりスムーズに表示させる機能のことです。たしかに、スマートフォンでの検索時にホームページの表示が遅いと、イライラしてしまい、別のページに移動してしまいがちですよね。AMPは、そんな「待てないユーザ」を逃さないために開発されたもので、AMPを実装したホームページはデータ量が約10分の1になり、モバイル端末上での表示速度は約4倍にも!これなら、ユーザは待ち時間のストレスなく、お目当てのページが閲覧でき、企業側はホームページからの離脱を防げるというわけです。

実際にGoogleで検索してみると、AMPを実装しているページには雷マークが表示されるのがわかります。なお、ニュースなど時事的な内容の場合はトップニュースとして画像つきでカルーセル表示されます。

 

AMPの仕組み

では、AMPを実装したページの表示速度はなぜ速くなるのでしょうか?簡単にAMPの仕組みを理解しておきましょう。

通常、クリックしたホームページが表示されるには、サーバ上にあるHTMLやCSS,画像ファイルなどをすべて読み込む必要があり、これには一定の時間を要してしまいます。一方、AMPを実装しているページは、GoogleやTwitterのサーバにWebページのデータが一時的に保存されている(=キャッシュされている)ため、クリックされるとサーバデータに読み込みに行かなくても、予め用意されているキャッシュページを表示させることができ、読む込み時間を大幅に短縮することができるというわけです。なるほど、サクサクと検索結果を閲覧したいユーザにとっては、願ってもない便利なサービスですよね。

 

ECサイトでの活用も進むAMP

しかし、AMPには、ある弱点がありました。それはAMPページからは、「(キャッシュではない)オリジナルページを見られない」「オリジナルのURLがわからず、コピーできない」という点です。そこで、2017年2月からAMPページのヘッダーバーにオリジナルURLの表示・コピー・共有が行えるボタンが実装されました。このボタンをクリックすると下図の通り、オリジナルページのURLが表示されます。これなら、SNS等でのシェアも簡単にできますよね!この新機能が好評だったため、Googleでは、オリジナルのURLのみを表示する取り組みを始めています。

 

また、これまではニュース・情報メディアでの活用が多かったAMPですが、「サクサク閲覧したい!」というユーザのニーズが強いECサイトでも、活用される例が増えています。Criteoもいち早くAMP実装広告への対応をスタートしています。せっかく広告がクリックされても表示に時間がかかるためにユーザが離脱してしまうのは、実にもったいないこと。広告効果を最大化するために、CriteoによるAMP実装広告を始めてみませんか?御社に最適な方法を、専任スタッフが迅速にご提案いたします。お問い合わせはこちらからお願い致します。