Criteo、AppsFlyerのパフォーマンスインデックス Edition IXで高評価を獲得

 

Criteoはこのたび、AppsFlyerのパフォーマンスインデックスにおいて、3年連続で最上位企業の1つに選ばれました。

AppsFlyerのパフォーマンスインデックスは、2019年のモバイル分野のメディアソースをカテゴリ、地域、プラットフォーム別に評価しています。Edition IXとなる今回、Criteoは「非ゲーム」および「ショッピング」の両方のカテゴリで、Google、Facebook、Appleに続く4位の評価を獲得しました。

インデックスでは、Criteoを次のように評価しています「リターゲティング大手のCriteoは、ショッピングアプリ分野でもプロスペクティング(新規顧客獲得)ソリューションの提供で確固とした地位を築いている」

さらにCriteoは、Manage社を買収したことにより、ゲームのカテゴリでは初選出であるにもかかわらず、9位という高い評価を得ることができました。

Criteoのアプリソリューションを活用すれば、アプリのインストールからリエンゲージメント、リターゲティングまで、フルファネルのキャンペーンに効果的に対応できます。高度にパーソナライズされたアプリマーケティングキャンペーンについて詳しく知りたい方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

また、AppsFlyerのパフォーマンスインデックスのレポート全文はこちらからダウンロードできます。