2019年02月14日
共有する

Criteoが2019年のトレンドを予測!「アドテクノロジー2019」

まさに日進月歩の勢いで進化し続ける、アドテク業界。今年2019年には一体、どんな変化が待ち受けているのでしょうか?Criteoではこのほど、調査会社Euromonitor internationalの協力を得て、アジア太平洋地域のマーケター517人を対象に調査を実施、その結果をもとに2019年にアドテク業界のトレンドを予測、マーケターが取るべき戦略をまとめたリポート「アドテクノロジー2019」を作成しました。本ブログでは、その内容を少しだけご紹介します!

どうなる?2019年のアドテク業界

まずは気になる2019年のアドテク業界に起こるトレンドについて。Criteoでは、次の3つを予測しています。

  1. より多くのEコマース企業が「広告企業」になる
  • 2019年、Amazonの広告ビジネスの成長率は55%になるという予測も。
  • 商品販売だけでなく広告ビジネスで収益をあげるEコマース企業が増える傾向に。
  1. 何よりも透明性が重視される
  • プライバシーに関する規制が世界中でますます厳しくなる傾向に。
  1. 広告は単なる宣伝の域を超え、ストーリーを伝えるツールになる
  • 「商品を売り込むための広告」ではなく、「消費者を楽しませ、価値ある情報を提供し、ひらめきを与える広告」がますます求められるように。

2019年、マーケターが選ぶべき戦略は?

では、2019年のアドテク業界で成功をおさめるには、マーケターはどんな戦略を選び、実行すればよいのでしょうか?Criteoでは、そのヒントを3つ提示しています。

  1. 広告枠の質を侮らないこと
  • 高品質な広告枠がキャンペーン成功のカギを握っています。
  1. 単一のメッセージで一貫性を維持する
  • オンライン・オフラインを問わず、日々、無数のメッセージを受け取っている消費者の心を捉えるのは、ぶれない、一貫性のある強力なメッセージです。
  1. 魅力的なオファーで収益を最大化する
  • ありきたりな特典にはもう消費者は飛びつきません。タイミングを逃さず、期間限定の魅力的な特典を提供しましょう。

詳細は、「アドテクノロジー2019」本編をダウンロードしてお読みください。この他にも「効果的なリエンゲージメント戦術」についての詳細なリポートなど、2019年のトレンドをとらえ、チャンスをつかむためのヒントが満載です。