2017年07月13日
共有する

Criteoのエンジンを活性化させる予測入札

 

Criteoのエンジンは、買物客と買物客の購買意図を絶えず学習し、各買物客の好みにぴったり合うターゲット広告を配信できるようにする柔軟なソリューションです。

Criteoエンジンは、異なる3つの部分から構成されおり、それぞれ連携して詳細なインサイトとマーケティング投資に最高の利益を提供します。今回は、商品と買物客のあらゆる組み合わせに対して適切なタイミングで適切な入札を行うことができる予測入札について説明します。予測入札は、マーケターにとっての切り札であり、広告費を最適化する秘密兵器といえます。

予測入札は、買物客、商品、およびパブリッシャーのデータを分析して適切なタイミングで適切な入札を行います

考察:商品、買物客、およびパブリッシャーの評価

予測入札のカギは、大量のデータを効果的に評価できることです。その結果、完璧なタイミングで入札を行って、売上ごとのコストを削減することができます。予測入札には以下の3つの主要コンポーネントがあります。

  • 商品評価:予測入札では、買物客と、買物客が過去に表示して購入した商品に関する過去の詳細を考慮し、強力なコンバージョン予測情報を提供します。予測入札では、サイトからの買物客の過去の閲覧情報を活用することで、コンバージョンを最も促進する可能性のあるアイテムに関する正確なインサイトを提供することができます。
  • 買物客評価:予測入札は、毎月12億以上の買物客とその個々の行動のCriteoネットワークのインサイトをベースとしています。予測入札は非常に精度の高いコンバージョン予測を提供し、広告費の効率と効果を向上させます。買物客評価により、完璧なタイミングでの適切な入札を予測入札で正確に特定できるようになります。
  • パブリッシャー評価:予測入札が活用するインサイトは、広告をサポートするパブリッシャーにまで及びます。パブリッシャー評価では、各パブリッシャーに関する過去およびリアルタイム両方の買物客と製品のインタラクションを考慮します。これにより、特定の各広告に利用するのに最適なパブリッシャーと、最適化されたインプレッションに対して入札を行って個々の買物客にさらに対象を絞るべきかどうかに関する強力なインサイトを得ることができます。

予測入札は、買物客、買物客がインタラクトする製品、および各広告に最も適したパブリッシャーに対するインテリジェントな評価を通じて、正確なタイミングで最適な入札を行うことで、売上原価を削減できるようにします。

Criteoのエンジンを活性化させるもの、シリーズ:

予測入札

レコメンド商品

Kinetic Design