Criteo Product Insights Finder:20カ国における600以上のカテゴリーに関するトレンド

 

2020年3月以降、Criteoは毎週、商品カテゴリーの世界的なトレンドに関する最新のインサイトを発表しています。これは月間20億人以上のアクティブな買い物客と、1万5,000以上の小売業者からのデータを分析したものです。今回、このデータを皆さまと共有し、皆さまの用途に応じて確認、分析、比較・対照していただけるようになりました。

新たに公開したCriteo Product Insights Finderでは、2020年2月1日以降のさまざまな小売カテゴリーについて、2020年1月1~28日の値との比較を、商品カテゴリーレベルでご覧いただくことができます。ここから生まれるインサイトが、広告主やパブリッシャーの皆さまの今後の計画に役立つことを願っています。

ステップ・バイ・ステップ:Criteo Product Insights Finderの使い方

20カ国における13の主な小売カテゴリ-、600以上のサブカテゴリーに関するデータをインタラクティブなインターフェースにまとめました!Criteo Product Insights Finderを使用するには、以下の手順に従ってください。

  • ドロップダウンメニューから、Country(国)Product Category(商品カテゴリー)を選択します。
  • 表示するNumber of Categories(カテゴリー数)をフィールドに入力します。
  • 平均売上指標の集計期間をDay Range(期間)フィールドに入力します。「7」と入力した場合、選択したカテゴリーの商品について先週1週間の平均売上指標が表示されます。
  • グラフの上のスライダーを動かすと、グラフをズームイン/ズームアウトできます。

以下のスクリーンショットでは、ドイツでの「おもちゃ&ゲーム」カテゴリーの推移が表示されています。

criteo product insights finder germany

グラフをマウスオーバーすると、ファッション&アクセサリー、健康&ビューティー関連、電子機器、家具、スポーツ用品、おもちゃ&ゲーム、アート&娯楽、ペット&ペット用品など人気の高い商品カテゴリーの商品の売上指標を、選択した国ごとに確認することができます。

データの解釈

引き続き、ドイツの例を見ていきましょう。このデータでは、4月14日の「トランポリン」カテゴリーの指標は757です。これは、1月1~28日(基準期間)のトランポリンのコンバージョンが1日あたり平均100件だったのに対して、4月14日には757件あったことを意味し、ドイツにおける4月14日のトランポリンのコンバージョンは657%も増加したことを意味します。

右側には、選択した期間(今回は4月13~19日の7日間)の売上成長の平均指標値順に商品サブカテゴリーが表示されています。ここでのトランポリンの順位は、総売上で4位を意味しているのではなく、1月1~28日と比較したその週の売上成長が4位だったことを示しています。平均売上指標809で、その前にはトランポリン付属品(平均指標1,471)、砂場(平均指標1,014)、すべり台(平均指標817)が並んでいます。ドイツではこの時期、楽しいことがたくさん起きているようですね!

一方、指標393のジグソーパズルは、1,000件だったコンバージョンが3,930件に増えた可能性があります。件数だけで見るとジグソーパズルの方が多いように見えますが、このグラフは成長率で表示されることに注意してください。

criteo product insights finder germany

インサイトの共有

生の数値入りのデータを、スプレッドシート、画像、PDFの各形式でダウンロードすることができます。右下のアイコンをマウスオーバーすれば、簡単にダウンロードできます。ぜひダウンロードして同僚や社内の幹部、あるいはデータ好きの友人などとシェアしてください!

Criteoの新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)による影響 – ダッシュボードにも示されている通り、ソーシャルディスタンシング・エコノミーでは自宅で過ごす消費者の共感を呼ぶことが重要です。消費者行動を把握し、Criteo Product Insights Finderを活用して、今後数か月間に直面するであろう課題に備えましょう。

マーケター向けの最適な戦略に関する最新情報を入手するには、Criteoのニュースレターにご登録ください。

Criteo Product Insights Finderを開く