2019年05月07日
共有する

Meet the Team: Alex Sho Maruyama, Senior Publisher Partnerships Manager, Japan

 

1. ご出身はどちらですか?

福岡県の久留米市で育ちました。仕事ではよく英語を使っていますが、実は久留米弁も得意です(笑)。

2. 前職ではどんな仕事をしていましたか?Criteoに入社したきっかけは?

外資系航空会社の日本支社で営業職に就いていました。仕事は面白かったのですが、3年くらい経って新しい分野にも挑戦してみたいな・・・と漠然と考えていたときに、偶然、高校時代の友人からCriteoの社員を紹介され、話を聞くことに。当時、アドテクに関する知識はほとんどありませんでしたが、可能性を強く感じましたし、Criteoの自由でフラットな社風やグローバルな職場の雰囲気がとても魅力的だったので、採用面接を受けることにしました。面接はテレカンを含めて3~4回。面接ではこれまでの経歴よりも、今後のキャリアについて聞かれたのが印象的でした。

3. 入社直後はどんな仕事からスタートしたのですか?今は、どんな仕事を担当していますか?

パブリッシャーパートナーシップを担当するグループに配属になり、まずは中小のパブリッシャー数社を担当させていただきました。前職とはまったくの異業種で、最初はわからないことだらけでしたが、Criteoには世界各地にオフィスがあって相談相手がいるので、とても助かりました。その後、少しずつ責任ある仕事を任されるようになり、入社4年目の今は日本を代表するパブリッシャーを担当、同時にシニアメンバーとしてグループ全体のとりまとめをしています。

4. Criteoに入社後、自分自身のどんなところに成長・変化を感じますか?

自分で学びながら働くようになった点です。実は、入社直後、わからないことがある度に周囲の人に質問をしていたのですが、当時の上司が「もちろん、教えるべきことは教えるけど、みんな各自の仕事を抱えていることも忘れないで。まずは自分で学んでみる、情報を集めてみることも重要だよ」とアドバイスしてくれたんです。これを機に、自分で学びながら働くことを心がけるように。結果として、ずっとスムーズに仕事を進められるようになりました。

5. 社内の雰囲気はいかがですか?

思っていた以上に働きやすい環境で、とても満足しています。フレックス制なので出退社の時間は基本的に自分で決められますし、社内にいるときもフリーアドレスで好きな場所で働けます。僕は、広くて景色のいいオープンスペースで過ごすのが気に入っています。

社員の仲もすごくよくて、季節ごとのパーティや、月に一度社員が集まる「All Hands Meeting」など参加しやすいイベントも多いので、部署外の人ともコミュニケーションが取りやすく、社内にすごく一体感があるんですよね。

6. ライフワークバランスはとれていますか?

100点満点中80点くらいかな。ただ、ストレスはないほうだと思います。出社前にボクシングジムで体を動かしたり、休日には好きなNBAの試合を観たりしてストレス発散を心がけ、いつも気分良く仕事ができるよう、心がけています。

7. 今後の目標を教えてください。

デジタル広告の世界は本当に目まぐるしく変化していて、常に新しい技術や商品が生まれているので、しっかりキャッチアップしつつ、パブリッシャーパートナーシップのスペシャリストとして経験を積んでいきたいですね。

8. 転職を検討している人にアドバイスを!

ひょんな出会いが、思いがけない道を開いてくれることもあります。気になる会社があったら、慎重になり過ぎず、まずは話を聞いてみるといいのではないでしょうか。よい出会いがありますように!