「Yahoo! JAPAN」上でダイナミックリターゲティング広告を提供するパートナーとして選ばれました。以降、高い収益力を実現し、売上拡大に貢献しています。

課題

ヤフー株式会社は、月間605億PV(ページビュー)のアクセスを誇るポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営。圧倒的な媒体力や技術力を武器に、さまざまな広告手法を生み出し拡大を続ける「広告事業」、世の中のニーズを捉えたサービスとともに進化する「eコマース事業」や「金融・決済事業」などを展開しています。ヤフー株式会社は、ポータルサイトの「Yahoo! JAPAN」上でパフォーマンスディスプレイ広告を展開するために、その業界におけるグローバルリーダーを探していました。

解決

ダイナミックリターゲティング広告におけるグローバルリーダーであるCriteoは、独自エンジンのレコメンデーション・予測アルゴリズムにより、一人ひとりの関心・興味と関連性の高いパーソナライズされた広告を出すことができ、高いパフォーマンスを実現しています。

結果

2012年の8月にCriteoのパフォーマンスディスプレイ広告を導入して以来、常に期待を大きく超える結果を出し続けています。また、Criteoは万全のサポート体制が整っており、安心して日々業務に取り組むことができています。

Criteoとともに、御社のビジネスに新たな成功事例を生み出しませんか?

Criteoのクライアントは、平均13倍のROAS(費用対売上)を実現しています。Criteoの活用を、ぜひご検討ください。