会社紹介

オープンインターネット上での新しい商品との出会い、イノベーション、そして貴社のデジタルマーケティング戦略でご活用いただける豊富な選択肢をご提供します。

Criteo はグローバルテクノロジー企業として、世界最先端のコマースメディアプラットフォームを通じ、マーケターやメディアオーナーのビジネス目標の達成を支えています。

2,600人以上

従業員数

27拠点

オフィス

22,000社以上

クライアント企業

40億

1日当たりの広告配信数

CRITEO のビジョン

信頼性に優れたインパクトのある広告で世界中のマーケターをサポートし、すべての消費者に充実した体験を提供します。

価値観

Criteo の中核にある価値観

これらの信念が、Criteo のあらゆる決断の原動力となっています。
  1. 考え方や企業文化にダイバーシティ(多様性)を浸透させます
  2. チームで連携・協力し、共に成功を祝うことを忘れません
  3. お互いを思いやります
  4. お客様、市場、そして私たちがサービスを提供するすべての人に持続可能な影響を与えるため、正しいことを行います。
  5. 私たちが暮らす社会と地球環境を支えるために、Criteo のアセットを活かします
  6. Criteo が期待する変化を、世界中で推進します

リーダーシップ

経営陣の紹介

Megan Clarken (メーガン・クラーケン)

最高経営責任者(CEO)

Todd Parsons (トッド・パーソンズ)

最高プロダクト責任者(CPO)

David Fox (デイビッド・フォックス)

最高開発責任者(CDO)

取締役会の紹介

グローバル戦略と開発に関して幅広い経験を有する取締役会が Criteo を統率しています。

企業文化

スタートするのは、仕事ではなく「キャリア」です。

Criteo では、従業員全員に成長・進歩のためのツールに加え、キャリアパス形成の機会を提供することを大切にしています。コラボレーションを推進し、モチベーションを高め、賞賛し、すべての従業員が価値のある貢献者だと実感できる環境を築いています。

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン

誰もが活躍できる場所

Criteo では、ダイバーシティを重視した人材の採用、育成、定着に注力しています。従業員が成長の機会を公平に手にできるようにすることで、インクルーシブな企業文化の醸成にコミットしています。Criteo は、アライシップ(社会的弱者に対する理解と支援)を通じて多様な観点を前向きに受け入れ、気付きや意識向上に対するコミットメントを支えるプログラムやトレーニング、そしてパートナーシップを基盤とすることで、Criteo の従業員全員がダイバーシティ(多様性)、エクイティ(公平性)、インクルージョン(包括性)をリードできると考えています。

CRITEO CARES プログラム

互いを思いやる心、地球環境への配慮

Criteo の従業員が主導する企業の社会的責任(SCR)プログラムでは、Criteo のメンバーが一丸となってオープンな企業文化を推進し、これにより「ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョンの推進」「地球環境保護」「善のためのテクノロジー」という3つの柱を支えています。

採用情報

Criteoで募集中の求人については、careers.criteo.com をご確認ください。

統計データ

数字で見る Criteo

Criteo に関する主要な統計データ

評価

G2
★★★★★
★★★★★
評価
Facebook
★★★★★
★★★★★
評価者235人(2020年9月15日時点)
Glassdoor
★★★★★
★★★★★
評価者6人(2020年9月15日時点)

ジェンダー平等

従業員全体に占める割合
男性61%
女性39%
マネージャー
男性66%
女性34%
ディレクター
男性71%
女性29%

従業員の年齢分布

25歳未満
143
25~29歳
696
30~34歳
786
35~39歳
486

40~44歳
246
45~49歳
118
50歳以上
63