Criteo
ショッパーグラフ


世界中のオンライン買い物客の75%をカバーするデータを活用

Criteoショッパーグラフは、数万に及ぶアクティブな広告主、ブランド、小売業者のデータの力を結集させることにより、コンバージョン件数や商品認知度の向上、そして増益を加速させます。現在、Criteoショッパーグラフには月間19億人を超えるアクティブな買い物客、8,000億ドル以上のEコマース売上高、15億件のクロスデバイスID、45億点の商品に関するデータが含まれており、これらは今もなお、日々増え続けています。

買い物客をより深く理解し、
確実に成果を出す


Criteoは、「アイデンティティ」「興味・関心」「測定」という重要な3つのデータを集めて組み合わせることにより、「買い物客が今求めているもの」を常に御社が把握できるようサポートします。

アイデンティティグラフが、クロスデバイスおよびオンライン/オフラインでの的確なターゲティングを実現

常にグローバル規模での成長を続けるCriteoアイデンティティグラフは、オンライン/オフラインの買い物客のアイデンティティを、デバイス、ブラウザ、アプリなど、様々な環境をまたいで結び付けることで、個々の利用者を総合的に把握できるようにします。たとえば、買い物客AがPC上でソファーを探しているとしましょう。その後、AがスマートフォンでFacebookをチェックし始めたとしても、CriteoショッパーグラフはAがFacebookを使っていることを認識し、Facebook上で御社商品のモバイル広告を表示することができます。

興味・関心マップを使って高価値な顧客を獲得

Criteoの興味・関心マップは、買い物客の閲覧履歴と取引パターンを商品、カテゴリー、ブランドの識別子に関連付けるので、御社の商品に最も興味をもっている買い物客に的を絞ることができます。たとえば、買い物客Bは特定のブランドの靴下を最近2回以上購入したことが確認できれば、Bは靴下専門店である御社にとって理想的なターゲットだということがわかります。

測定・分析とマーケティングアプローチを強化

アイデンティティグラフは追加コストなしで簡単に利用することができ、買い物客のプライバシー保護対策も万全。さらにアナリティクスやアトリビューション、オンラインコンテンツのパーソナライゼーションをはじめとする様々なマーケティング活動や測定をサポートします。

クロスデバイス、オンライン/オフラインデータを統合して成果を最大化


Criteoショッパーグラフ内にプールされたIDデータを使えば、7億人以上のアクティブなオンライン買い物客を、Criteoと常にデータを共有している世界中の1万超のサイト上で、正確に特定できるようになります。

さらに、プールされたIDデータにアクセスして、アナリティクスやアトリビューション、サイトのパーソナライゼーションなど様々な側面からパフォーマンスを強化することも可能です。何より、追加費用なしで利用できるのは大きなメリットです。

Criteoショッパーグラフがもたらすメリット


ショッピングジャーニーのあらゆる段階でリーチ

御社の目的が認知度の向上であれ、トラフィックの促進コンバージョン率の向上であれ、世界中のオンライン買い物客の約75%をカバーするデータをもとに、理想のオーディエンスに絞り込んだアプローチをすることができます。

エンゲージメントとコンバージョンを加速

120種類を超えるショッピングシグナルの分析と、商品カタログ全体を通じた買い物客の興味・関心に関する深い理解をもとに、買い物客と効果的にリエンゲージして、コンバージョンへと導きます。

ブランド出資のキャンペーンのコンバージョン件数の追跡

「Criteoスポンサードプロダクトエクスチェンジ」では、小売業者全体のSKU、オーディエンス、プレースメントレベルでの販売に関する詳細なアトリビューションレポートを表示します。

徹底したプライバシー保護

Criteoは、世界各国のプライバシー規制に従ってデータを収集・保持しており、またオプトアウトのプラクティスも徹底しているため、プライバシー保護やデータセキュリティに関する心配は無用。安心してご利用いただけます。

Criteoショッパーグラフが支えている
Criteoソリューション

Criteoダイナミックリターゲティング

Criteoショッパーグラフによる買い物客に関する詳細なデータのおかげで、Criteoダイナミックリターゲティングは、最大限の結果をもたらす広告、入札、および商品レコメンドを実現することができています。

ブランド向けCriteoスポンサードプロダクト

Criteoスポンサードプロダクトを使えば、各買い物客のショッピング習慣を俯瞰できるようになり、購入意欲が最も高い買い物客に適切な商品を提示できるようになります。