アドレサビリティ

アドレサビリティの課題を理解し、解決しましょう

Criteo は、2024年以降のアドレサビリティに関する課題を解決するために、3つの柱からなる多面的なアプローチをとっています。Googleプライバシーサンドボックスはその中の1つです。世界からクッキーがなくなったとしても、効果的なデジタル広告はなくなったりしません。

ポスト・サードパーティークッキー時代のアドレサビリティ

Criteo は独立系アドテク企業という立場から、当社のパートナーにとって最適なソリューションを提供することができます。 私たちのアドレサビリティ戦略は3つの柱で構成されています。

1. ファーストパーティ・データ

サードパーティ・クッキーのない世界では、ファーストパーティ・データが鍵を握ります。
Criteo では、独自のファーストパーティ・データ・ネットワークをデマンドサイドとサプライサイドの両方で構築しています。大規模なハッシュ化されたメールアドレスなどのソリューションを使用することで、プライバシーに配慮したデータの有効活用が可能になるだけでなく、エコシステム全体で1対1のアドレサビリティを維持できます。

2. Google プライバシーサンドボックス

Criteo は、プライバシーサンドボックスの黎明期から Google Chrome チームのリーディング・パートナーを担っています。
このパートナーシップにより、当社では、世界中のブラウザトラフィックの63%で、リターゲティングや関心ベースの広告の配信、効果測定を、サードパーティ・クッキーを一切使用せずに実現することができます。

3. クローズドな環境

リテールメディアでもソーシャルメディアでも、Criteo ならオーディエンスを最大限に活用できます。
当社のアドレサビリティ戦略は、リテールメディア・ネットワークを介してパートナーを200以上の小売業者のオーディエンスとつなぐだけでなく、Meta などのソーシャルメディア・プラットフォームを使用する数百万人のログイン済みユーザーともつなげます。

さぁいっしょに始めましょう

クッキーレスな未来は、企業ごとにそれぞれに異なります

クッキーレス対応を謳うソリューションが多すぎて、何を選べば良いのか不安に感じているかたもいらっしゃるでしょう。
ご安心ください。デジタル広告のエコシステム全体で、パートナーの皆様がアドレサビリティのパズルを簡単に解くことができるよう、Criteo は各社に合わせた戦略をご用意しています。

Addressing the Unaddressable - 2024年以降の不確実なクッキーレス時代に備えるための戦略とは

本ウェビナーでは、Criteo の最高プロダクト責任者CPOのトッド・パーソンズが、アドレサビリティの課題解決を目指す既存のソリューションの概要を解説。
また、Criteoのアドレサビリティに対する多面的なアプローチと、このようなアプローチがなぜクッキーレスで成功のカギを握るのかについて、その理由をお話しします。

オンデマンドでウェビナーを視聴

パブリッシャー向け

広告主がリーチしようとしているオーディエンスを把握することで、広告インベントリの価値ははるかに高まります。
堅牢なアドレサビリティ・ソリューションがなければ、広告主は必要な情報を得ることができず、パブリッシャーは利益を失うリスクにさらされます。 Criteo では、インベントリの価値を維持し、今機能している利益化構造を維持つつ、パブリッシャーをサポートする戦略を作成しました。

 

パブリッシャー向けウェビナー Coming soon

ブランド/広告主向け

企業においては、適切なメッセージを適切な消費者に適切なタイミングで送ることがすべてです。
当社のアドレサビリティ・ソリューションは、パフォーマンスを損なうことなくフリークエンシー・キャッピングや効果測定、クリエイティブのパーソナライズなどのツールを確保することで、企業が本来の業務に集中できるようサポートします。

 

ブランド/広告主向けウェビナー Coming soon

小売業者向け

デマンドサイドとサプライサイドの両方に働きかけることができるユニークな立場にいる小売業者は、エコシステムで独特の立ち位置を獲得できます。
保有するデータ資産を収益化するにしても、独自のキャンペーンで測定可能なパフォーマンスを向上させるにしても、小売業者には収益源を維持し、新たな収益源を確保するための堅牢なアドレサビリティ・ソリューションが必要です。

 

小売業者向けウェビナー Coming soon

代理店向け

クッキー廃止後の世界で顧客に価値を提供するのは、難しい課題です。
Criteo のソリューションを使用すれば、クッキーの影響を受けやすい環境であっても、ROASなどの主な指標を報告し続けることができます。

 

代理店向けウェビナー Coming soon

Criteo にご相談ください

当社のアドレサビリティに対する多面的なアプローチは、まるで魔法のよう。必要なパフォーマンスや効果測定、収益化を維持しながら、高度なAIにその時点で最適なソリューションを判断してもらえます。 Criteoチームに今すぐ詳細をお問い合わせください。

アドレサビリティの課題をさらに深く理解するために

サードパーティ・クッキーが制限された後の世界について詳しく知りたい場合は、 アドレサビリティに関する様々な資料がお役に立てるかもしれません。

デジタルマーケティング

2023年10月14日

【寄稿記事 ZD Net】サードパーティークッキー廃止後の広告環境にどう対応すべきかーマーケターが知っておくべきアプローチ

詳細を表示

デジタルマーケティング

2023年08月29日

高度な機械学習とベクトルデータベース・テクノロジーで広告パフォーマンスを最適化する

詳細を表示

デジタルマーケティング

2022年09月12日

「準備万端」は25%のみ。 サードパーティー・クッキー廃止後の未来にどう備える?

詳細を表示

デジタルマーケティング

2021年09月27日

ファーストパーティ・メディアネットワークとは?

詳細を表示

Criteoのアップデート

2023年12月12日

【開設5周年記念】Criteo AI Labラウンドテーブル・ミーティングを開催

詳細を表示

Criteoのアップデート

2022年08月31日

アイデンティティ関連のグローバルトレンドとCriteoの取り組み

詳細を表示

Criteoのアップデート

2022年10月25日

Criteo CEO メ―ガン・クラーケン、ad:tech Tokyoで講演~「コマースメディア:デジタル広告の未来とは?」

詳細を表示

デジタルマーケティング

2021年07月28日

「明日の問題」ではないクッキーアポカリプス:マーケターが今から備えておくべきこと

詳細を表示
お問い合わせ