ニュース


対象地域
種類基準
日付で
プレスリリース

Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表

世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニー、Criteo(クリテオ、 本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下 Criteo)は、Unified ID 2.0 の取り組みにおいて、 グローバルアドテクノロジー企業である、The Trade Desk と協働することを発表しました。Unified ID 2.0 の開 発において、Criteo はサインオンソリューションを提供し、透明性の高いポータルを共同開発します。この透明性の 高いポータルにより、消費者は今までにない新しい形式で広告体験を管理できるようになります。両社はパブリッシャ ーおよび業界パートナーと共にこのコンセプトを 11 月と 12 月に試験運用する予定となっており、Criteo は、The Trade Desk との連携によって、オープンなインターネット環境における今後の消費者の識別子とプライバシー管理 の向上をより一層後押ししていきます。

ニュース

リプレイスを支える注目の技術

Cookieレス時代が到来し、これまでの手法の見直しが必要になったとき、私たちはどのような技術を活用することができるのでしょうか?新たな技術の提供に向けて取り組む、6社6名の方に聞きました。

ニュース

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして…

コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデーシーズンに向けての準備もいよいよ始まります。

ニュース

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査

日本のモバイルアプリユーザーはコンテンツを無料で利用できる限り、アプリ内広告に対して好意的なようです。Criteoは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大によって変化したモバイルアプリの利用状況に関する調査レポートを発表しました。

プレスリリース

Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表

世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニー、Criteo(クリ テオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の拡大によって変化したモバイルアプリの利用状況に関する調査レポートを発表しました。 Criteoの調査によると、日本ではますます多くの人々がショッピングや娯楽、親しい人たちと交流する際、モバイ ルアプリを使用するようになっていることが明らかになりました。

ニュース

クリテオの新CEOに聞く、広告ビジネスの戦略とプライバシーへの取り組み

広告配信基盤を手掛ける仏企業のCriteoは、2019年11月に最高経営責任者(CEO)が交代した。前任のJean-Baptiste Rudelle氏に代わって、Megan Clarken氏が同社の新たなかじ取りを担っている。Clarken氏が同社CEOに就任した背景や今後のビジネス戦略、プライバシー問題、コロナ禍における事業体制などについて、電子メールでインタビューした。

ニュース

「前例のない事態だ」:クリテオ は、いかにAppleのIDFAポリシー変更へ適応するか?

Appleは間もなくプライバシーポリシーを変更し、同社がユーザーの端末にランダムに割り当てる匿名ID、いわゆるIDFAの取得について、広告主にユーザーの同意を求めることになる。これにより、アプリを所有する企業、アプリへ広告を打つ企業、その広告効果を測定する企業のすべてが影響を受けることが予想される。リターゲティング広告に精通する企業クリテオ(Criteo)も例外ではなく、その衝撃に備えて態勢を整えている。

ニュース

Criteo、2020年第2四半期の決算は想定を上回る内容に

Criteoは、2020年第2四半期の決算結果を発表しました。新型コロナウイルスの影響で大幅な減少が予想されていましたが、結果としては前年を下回るものの、想定を上回る好調なものとなりました。

ニュース

コロナで広告はどう変化

マーケティング、広告、テクノロジー等の分野の専門家が集まる世界最大級のイベント「Advertising Week」。毎年ニューヨークをはじめとして世界6都市で開催され、今年は東京でも開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響でアジアからオセアニアまでの地域にフォーカスしたバーチャル版「Advertising Week JAPAC」が6月9日、10日に開催された。

プレスリリース

Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表

世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニー、Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、デジタル広告測定の業界標準であるニールセンの「デジタル広告視聴率」と、広告主がブランドリフト効果をより正確に測定し最適化できるようにする「デジタルブランドエフェクト」をCriteoソリューションに導入する計画を発表しました。