ニュース


フィルター
記事紹介

CRITEO小野さん、アレックスさんに聞く:Commerce Marketing Ecosystem で巨大な経済圏データを活かし勝負をかける

クッキーベースからIDベース、人ベースのデータを活用したマーケティングへの移行については、昨年から業界では大きな話題になってきました。各大手グローバルプラットフォーマーが着々と準備を進める中、リターゲティング広告で急成長し、大手の一角を担う CRITEO も、昨年末に今後の方向性を示す新構想を打ち出してきました。CRITEO株式会社の小野さん、アレックスさんのお二人に、詳しくお話を伺いました。

記事紹介

Yahooが導入し69%売上増加!『Criteoリセラープログラム』 のAPIを提供開始

Criteo株式会社(以下「Criteo」)は、『Criteoリセラープログラム』のAPI提供を開始したことを発表した。

プレスリリース

アジア太平洋地域のE コマース成長の加速に向けて 「Criteo リセラープログラム」を提供

~域内のマーチャント、デジタルマーケットプレイス、国・地域の成長加速を確実なものに~

記事紹介

先週のアドテクシーン:ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始

Criteoは、アジア太平洋地域に向けて「Criteoリセラープログラム」のAPI提供を開始したことを発表した。自社のマーケットプレイス上で、興味、関心に合わせたレコメンデーション広告を配信するCriteoダイナミックリターゲティングを、個々のセラーに展開または再販可能となった。

記事紹介

Criteoが2018年の事業戦略を発表、「リタゲ」から「フルファネル」へサービス内容を拡張 (1/2)

Criteoは2018年1月25日、記者向けに2018年度事業戦略説明会を開催。市場環境と事業戦略、今後注力していく新商品とその背景となるテクノロジーについて説明した。

記事紹介

ユーザーの「同意獲得」にあがく、リタゲ業者の苦悩:欧州 GDPR 施行を控え

リターゲティング広告業者たちは、大きな変化の到来に備えようと必至だ。

EUにおける一般データ保護規則(GDPR)が5月には施行され、AppleもSafariブラウザにおける広告トラッキング対策を強化しつつある。そのため、リターゲティング広告を利用者たちは必至になって、ユーザーからの同意を得ようとしている。

記事紹介

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法 (1/2)

企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が注目されています。本連載ではその最新トレンドを紹介したいと思います。

記事紹介

2018年に注目すべきEC・デジタルマーケティングのトレンドまとめ[Criteo発表]

ディスプレー広告の配信ネットワークを提供するCriteoは1月10日、2018年に注目すべきECのマーケティングトレンドをまとめた「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」を公表した。

記事紹介

18年ECトレンド、「音声ショッピング」に注目…Criteo調査

仏のマーケティング関連企業Criteo S.A.がこのほど発表した「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートによると、18年に注目すべきコマースマーケティングトレンドとして「音声ショッピングの台頭」「ソーシャルコマースの相関性」などのキーワードが挙げられた。

記事紹介

Criteo、2018年のデジタルコマース&マーケティングの展望を発表

 パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.は、「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートを発表した。