経営陣紹介


Jean-Baptiste Rudelle

最高経営責任者(CEO)、会長兼共同創設者

JBはCriteoを2005年に創業して以来、技術力をもって真のグローバル企業への成長に貢献してきました。2016年の1月にJBは役職をCEOから会長へ変更し、会社の長期的な成長戦略を従事してきましたが、この度、2018年4月にCEOの役職に復帰する運びとなりました。これまで起業家としていくつもの企業を新たに立ち上げてきたJBは、起業家の成長を促進する非営利のシンクタンクであるガリオン・プロジェクトの設立者でもあります。

Mollie Spilman

最高執行責任者(COO)

Mollieは最高執行責任者としてコマーシャルチームを統括しており、収益、供給、オペレーション、マーケティング部門を主導しています。Mollieは2014年に最高売上責任者としてCRITEOに入社し、顧客維持率90%に維持しながらも20億ドル以上の収益を上げる企業に成長する一助となりました。また、広告業界における「今年のワーキングマザー」に選ばれ、「今年の女性エグゼクティブ」のシルバースティービー賞を受賞し、ビジネス・インサイダーのモバイル広告業界で最も影響力のある女性の1人に選ばれました。Criteo入社前は、Millennial Media、Yahoo、Advertising.com/AOL、Time Inc.で経営を統括する役職を歴任しています。

Benoit Fouilland

最高財務責任者(CFO)

ベノワは財務、法務、IT、事業開発の責任者を務めています。2012年にCriteoに入社して以降、Criteoが株式非公開企業から株式公開企業への変革を遂げる上で大きな役割を担い、2013年10月にナスダック上場を成功させました。Criteoに入社する以前は、SAPおよびBusiness ObjectsでCFO兼上級財務職を務めています。INSEADで経営学修士号を、Dauphine UniversityおよびESLSCAで修士号を取得しています。

Jonathan Opdyke

最高戦略責任者(CSO)

Jonathanは最高戦略責任者として、企業戦略、買収、提携、主要な成長戦略を推進しています。2004年に共同設立したHookLogicの買収の一環として、2016年にCriteoに入社しました。HookLogicの最高経営責任者(CEO)として、世界のECサイトの多くで広告プログラムを構築しており、このプロダクトは現在Criteoのブランドソリューションの中核になっています。ミシガン大学のTauber Institute for Global Operationsで、生産運用工学の学士および修士号を取得しています。

Dan Teodosiu

最高テクノロジー責任者(CTO)

Danは2013年にCriteoに入社し、エンジニアリングおよび開発を統括しています。 Criteoが世界に誇るR&Dチームを拡大し、新規株式公開を成功に導き、長期的な成長の基盤を作りました。 Criteoに入社する以前はGoogle、Microsoft、Hewlett-Packardに勤務し、米国ベイエリアで2社の共同創設に携わった経験を有します(うち1社はMicrosoftが買収)。 スタンフォード大学でコンピュータサイエンスの修士号および博士号を取得。発明家として約50の特許を有しています。