経営陣紹介


Jean-Baptiste Rudelle

最高経営責任者(CEO)、会長兼共同創設者

JBはCriteoを2005年に創業して以来、技術力をもって真のグローバル企業への成長に貢献してきました。2016年の1月にJBは役職をCEOから会長へ変更し、会社の長期的な成長戦略を従事してきましたが、この度、2018年4月にCEOの役職に復帰する運びとなりました。これまで起業家としていくつもの企業を新たに立ち上げてきたJBは、起業家の成長を促進するシンクタンクであるガリオン・プロジェクトの設立者でもあります。

Benoît Fouilland

最高財務責任者(CFO)

ベノワは財務、法務、IT、事業開発の責任者を務めています。2012年にCriteoに入社して以降、Criteoが株式非公開企業から株式公開企業への変革を遂げる上で大きな役割を担い、2013年10月にナスダック上場を成功させました。Criteoに入社する以前は、SAPおよびBusiness ObjectsでCFO兼上級財務職を務めています。INSEADで経営学修士号を、Dauphine UniversityおよびESLSCAで修士号を取得しています。

Diarmuid Gill

最高テクノロジー責任者(CTO)

Diarmuidは、パリ、グルノーブル、パロアルト、アナーバーのR&Dチームを統括するCTOです。Criteoには上級テクニカルディレクターとして2014年に入社し、プラットフォームグループを率いてきました。2018年にはプロダクトエンジニアリンググループを結成し、Criteoのクライアント向け製品すべてのロードマップを完成させました。アイルランドのキャバン出身のDiarmuidは、1994年にダブリンシティ大学で電子工学の優等学位を取得し、2014年には同大学のMBAを最優秀成績で取得しています。Criteo入社前には、IONA Software、ICL Fujitsu、AOLに在籍していました。

Ryan Damon

法務担当役員

RyanはCriteoの法律顧問として2018年に入社して以来、法務、データプライバシー、政府関係分野の監督業務を担っており、将来に向けたコンプライアンス体制を強化しながらビジネスの拡大をサポートするという、まさにCriteoが掲げるミッションを牽引しています。Criteoに入社する以前は、Riverbed TechnologyでSVPおよび法務担当役員を、またCharles SchwabとGunderson Dettmeでは上級法律顧問を担当していました。Ryanはカリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学院で法学博士号を取得しています。

Denis Collin

上級副社長、常務執行役員

DenisはCriteoの上級副社長と常務執行役員を兼務しています。2018年にCriteoに入社する以前は、IBM Softwareによって買収されたKiwee、Medialive、Vallentの各社で、事業・営業開発部門におけるさまざまな業務を担当し、2016年にはスタートアップ企業「Less」を共同設立しました(Lessはその後BlaBlaCarに売却)。Denisはもともとエンジニアであり、フランスのEcole Supérieure d’Electricité (Supelec) を卒業しています。

Isabelle Leung-Tack

グローバルコミュニケーション担当上級副社長

Isabelleは、Criteoのグローバルコミュニケーション担当上級副社長としてコミュニケーションプラットフォームの開発を統括しています。彼女は2019年1月にCriteoに入社、以来、地域を超えて社内外のコミュニケーションチームを率いて、Criteoのソートリーダシップを育んでいます。Criteoに入社する以前は、Huawei TechnologiesとMicrosoftに在籍し、広報部門の責任者を務めていました。Isabelleはパリ第1大学で政治学のMScおよび環境法学の修士号を取得しています。

Cédric Vandervynckt

上級副社長兼部長

Criteoの上級副社長であるCédricは、ウェブマーケティングソリューションの製品開発、およびグローバルセールスコマーシャライゼーション部門の責任者でもあります。2015年のCriteo入社前には、Google、Microsoft、Yahoo!でセールスおよび製品コマーシャライゼーション業務を担当していました。CédricはSkema Business Schoolで経営学の修士号を取得しています。

Thomas Jeanjean

プラットフォーム、マーケティングおよびオペレーション担当責任者

Thomasは、Criteoのプラットフォーム、マーケティングおよびオペレーションを監督しながら、グローバル規模の変革プロジェクトを牽引しています。2013年の入社以来、さまざまな商業分野でリーダーのポジションを歴任した後、中堅・中小市場におけるCriteoのビジネスをグローバルに拡大してきました。Criteoに入社する以前は、フランスの複数のスタートアップ企業でGoogleの自動車事業をリードしていました。ThomasはIAE、ダブリンビジネススクールで商学を学び、卒業しています。

Alex Valle

モバイル&オムニチャネル担当責任者

2017年にCriteoに入社したAlexは、セールス、マーケティング、および商品開発を含む、モバイルとオムニチャネルビジネスを牽引しています。現在の役職の前は、Criteoのマーケティングソリューション製品のポートフォリオ全体の開発を担当していました。Criteo入社前、AlexはGoogleでモバイルおよびコマースビジネスを牽引し、同社のアプリビジネスを3年で10倍の規模にまで拡大させた実績を残しています。また、Bainではデジタル広告チーム、Lockheed MartinのSkunk Worksチームによるドローンソフトウェア開発でも優れたリーダーシップを発揮しました。Alexはペンシルベニア大学ウォートン校で経営学修士(MBA)、ジョージア工科大学では機械工学の修士号を取得しています。また、アプリ製品の開発で複数の特許を取得しています。

Geoffroy Martin

上級副社長兼リテールメディアおよびサプライ担当責任者

Geoffroyは、Criteoのリテールメディア部門の販売から商品開発に至るさまざまな業務に加え、グローバルサプライ部門の監督も行っています。Criteoに入社する以前は、Art.comの最高経営責任者(CEO)を務めており、同社の大幅な収益成長および150カ国での展開を指揮してきました。Geoffroyは、Ecole Centrale ParisおよびPolitecnico di Torinoで修士号を取得しています。

Jessica Breslav

南北アメリカ担当専務取締役

Jessicaは、南北アメリカの商業戦略およびクライアントサクセス関連業務の監督責任者です。2013年8月の入社以来、オペレーショナルエクセレンスの向上やCriteoの長期的かつ持続可能な成長に貢献してきました。15年以上にわたってパフォーマンスベースの広告に携わってきたJessicaは、その経験を生かして大規模な商業チームを構築し、優れた成果を残しています。彼女はマサチューセッツ大学アマースト校でビジネスと経済学を学び、卒業しています。

Shruthi Chindalur

ヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当専務取締役

テクノロジーコマース、市場参入戦略、人材育成の分野で20年近くもの経験を持つShruthiは、ヨーロッパ、中東、アフリカを担当するCriteoの専務取締役です。EMEA地域のさまざまな規模の企業・業界で10年以上にわたって活躍し、Criteo入社前には、OracleとLinkedinでEMEA地域を統括していました。Shruthiは情報システム学で修士号、コンピュータサイエンスで学士号を取得しています。彼女はインド、アメリカ、アイルランド、スペインでも働いた経験があります。彼女の知識と経験は、Criteoの社内外の変革のビジョンに多様性をもたらしています。

Kenneth Pao

アジア太平洋地域担当専務取締役

Kenは、アジア太平洋地域の業務を監督しています。Criteo入社前は、テレビ・ビデオ広告プラットフォームを提供するVideologyで、約6年間、アジア太平洋地域におけるプラクティス確立を担当し、直近では最高売上責任者(CRO)と最高執行責任者(COO)を兼務していました。過去13年間にわたり、アジア太平洋地域における数多くの企業の成長に貢献してきたKenは、ハーバードビジネススクールで経営学修士(MBA)を、UCLAでは文学士号を取得しています。