30%

繁忙期におけるCriteoへの費用投下割合

1/4

従来のディスプレイ広告と比較したCriteoのCPA



課題

検索連動型広告は運用していたが、ディスプレイ広告に運用をシフトしようとしても、CPAが合わずにコストをシフトすることができなかった。

解決

配信エンジンとアルゴリズム、豊富な配信ネットワーク、ユーザごとに柔軟に出し分けるバナーを強みとするCriteoを導入することで、高いパフォーマンスを実現し、目標に合った運用が可能になりました。

結果

CRITEOを導入することで、CPAを他のディスプレイ広告と比較して1/4まで下げるという実績が出ました。導入前に設定していたコンバージョン目標やCPA目標も達成しており、CPAを下げながらコンバージョンボリュームを上げるという相反する運用が実現できました。繁忙期には全プロモーション費用の3割を投下するような、インパクトのある施策になっています。

当Webサイトの体験を改善するためにCookieを使用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieの設定および使用に同意したことになります。Cookieまたは当該サービスのオプトアウトに関する詳細については、弊社プライバシーポリシーの詳細を確認してください。 

当WebサイトのCookie設定は、ブラウザ体験の最適化を目的として「Cookieを許可する」に設定されています。Cookieの設定を変更せずに当Webサイトの使用を継続した場合、または以下の「同意する」をクリックした場合、このことに同意したことになります。

閉じる