用語集

「デジタル広告A-to-Z 」

デジタル広告の世界は、略語や専門的な技術用語であふれています。このCriteoの用語集では、最も頻繁に登場する専門用語の定義を紹介しています。

A

A/B Test (A/Bテスト)

オーディエンスを分割し(通常は二分割)、ソリューションまたは機能の2つの選択肢をそれぞれのサブセットで実行して、効果を検証する比較テスト。あるソリューションや機能の性能を、他のソリューションや機能と比較するために使用されます。
詳しく見る

Above the Fold (アバブ・ザ・フォールド)(画面スクロールなし)

広告がコンテンツの表示フレーム内に配置され、スクロールせずに見える範囲にある状態。つまり、ページやアプリがロードされると同時に、消費者の画面に表示される広告のことです。

Acquisition (アクイジション)

アクイジション(新規顧客の獲得)は、企業のマーケティング目標の1つ。顧客ベースの拡大、トラフィックの誘引による訪問数の増加、売上の拡大を目的にデザインされた広告をアクイジション広告と呼びます。

Active Elements (アクティブ要素)

商品カタログ内の画像と動的に組み合わされるロゴ、行動喚起(CTA)、商品の詳細、評価といった、カスタマイズされたネイティブ広告を作成するためのデザインコンポーネント。

Ad Exchange (アドエクスチェンジ)

広告インベントリの売買を円滑に行うための中立的なテクノロジープラットフォーム。広告の価格は、リアルタイムの入札オークション(RTB:リアルタイム入札)で決定されます。

Ad Formats (広告フォーマット)

広告クリエイティブの仕様の1つ。多くの場合、テキスト、音声、グラフィカルコンテンツといった広告のスタイル、クリエイティブのサイズ、広告を表示するウェブ対応デバイスのタイプなどが含まれます。広告フォーマットの標準規格は、インターネット広告の業界団体であるInteractive Advertising Bureau(IAB)によって定義されていますが、サイトごとにカスタマイズされるネイティブフォーマットもあります。
詳しく見る

Ad Layout (広告レイアウト)

バナー内にコンポーネント(商品の画像、価格、詳細説明、見出しなど)を割り付ける手法。

Ad Tech (アドテクノロジー)

略してアドテクとも呼ばれる、広告テクノロジーの総称。デジタルチャネルにアクセスしている消費者にエンゲージして、マーケターが目標とする成果(ブランド認知度の向上、エンゲージメントの強化、検討段階からコンバージョンへの誘導など)の達成を支援したり、メディアオーナーに販売および収益拡大のためのツールを提供して、インベントリの収益化の促進などをサポートするテクノロジーサービス。
詳しく見る

Adaptive Conversion Optimization (ACO) (適応型コンバージョン最適化)

コンバージョンの最適化をさらに進化させた、Criteo AIエンジンの機能の1つ。受注1件当たりのコスト(CPO)目標を設定し、入札を時間単位で動的に調整することにより、クライアントの売上を最大化します。

Adaptive Design (適応型デザイン)

消費者が使用するデバイスやブラウザに合わせて、デジタルコンテンツを適応させるデザイン。

Addressable Advertising (アドレサブル広告)

IDに基づいてデジタル広告のプランニングの改善、エンゲージメントの強化、効果測定、最適化を図る広告。

AI/ML

人工知能(AI)と機械学習(ML)。AIのサブセットであるMLでは、プログラムを記述しなくても、機械が過去のデータから自動的に学習を行います。AIの最終的な目標は、これまで人間の介入が必要だった複雑な問題の解決に関わる意思決定を自動化することです。AI/MLの有効性は、大規模で精度の高いデータのタイムリーな供給によって向上します。
詳しく見る

Algorithm (アルゴリズム)

事前に定義された入力セットを出力へと変換するためのルール群。Criteo AIエンジンでは、消費者には関連性の高いコンテンツを、またメディアオーナーとマーケターには高い成果を達成するための戦術を予測して提案するアルゴリズムを使用しています。
詳しく見る

App-Events SDK (アプリイベントSDK)

アプリイベントSDK(ソフトウェア開発キット)は、開発者向けの使いやすいツールキットです。マーケターがブランドのメッセージやメディア購入の戦略を見直して、アプリ内のイベントや取引から収益を引き出せるようにサポートします。
詳しく見る

Arbitrage (裁定取引)

たとえば、パブリッシャーへはインプレッション単価(CPM)などの指標に基づいて支払い、バイヤーへはクリック単価(CPC)など別の指標で販売するといった、マージンを改善するための取引手法。バイヤーは期待した成果(この例ではクリック数)に対してのみ支払えば済むため、リスクの軽減にもつながります。
詳しく見る

Attribute (属性)

IDに紐づく確率的な情報(購入意欲など)、または確定的な情報(購入イベントなど)。

Attribution (アトリビューション)

マーケティングアトリビューションは、マーケターが広告キャンペーンの成果に対する各タッチポイントの貢献を評価するための手法。消費者がゴール(購入など)に至るまでのマーケティングのタッチポイントを、アトリビューションによってそれぞれ評価します。アトリビューションの目的は、消費者がアクション(クリックやコンバージョン)を起こす際の意思決定に、どのチャネルやメッセージが最も影響を及ぼしたかを特定することです。
詳しく見る

Audience (オーディエンス)

オーディエンスセグメントとも呼ばれる、共通した属性や特徴を持つIDの集合。マーケターは、限られたメディア予算をビジネスにプラスの結果をもたらす可能性が最も高い消費者とのエンゲージメントに集中させるために、オーディエンスをエンゲージメント戦術の一つとして位置付けています。
詳しく見る

Audience Targeting (オーディエンスターゲティング)

共通の特徴(セグメントと呼ばれることが多い)に基づいて消費者にエンゲージする手法。限られたメディア予算を最大限に活かして、より関連性の高い広告を配信します。
詳しく見る

Average Cart (カートの平均金額)

キャンペーンの売上によって生み出された収益の平均額。このKPIは、対象期間の総収益を合計注文数で割って算出します。カートの平均金額は特定の期間で追跡することもできますが、月間平均の推移を見る方法が最も一般的です。

Awareness (アウェアネス)(認知度)

認知広告は、企業のブランド、または特定の商品やサービス、そのメリットに対する消費者の親近感を高めるために、マーケティング目標の1つである認知度の向上を目的にデザインされます。

B

Banner Ad (バナー広告)

メディアオーナーのデジタルアセット(パブリッシャーのウェブページなど)に配置されるオンラインのクリエイティブ。従来のディスプレイバナー広告は通常、「300x250ピクセル」のようにあらかじめサイズが設定され、大半は画像とテキストを組み合わせて作成されます。
詳しく見る

Behavioral Targeting (行動ターゲティング)

オンライン行動ターゲティング(OBA)とも呼ばれる、消費者の興味・関心に基づいて配信される広告。特定のトピックに関して訪問したページ数、特定のブランドに関連するコンテンツのインタラクション数(広告をクリックした回数)など、消費者が過去に行ったアクティビティから1つの属性を引き出します。
詳しく見る

Bid Price Optimization (入札価格の最適化)

マーケターにとってのインプレッションの価値を定義する様々な入力変数を指定することによって、マーケターが特定のインプレッションに入札する金額を自動的に調整すること。

Blocklist (ブロックリスト)

キャンペーンの対象から除外するIPアドレス、パブリッシャー、広告主、コンテキストとキーワード、または商品の一覧。

Bounce Tracking (バウンストラッキング)

リンク追跡とも呼ばれ、URLにパラメーターを追加することで、ユーザーがあるサイトから別のサイトへ移動する際の追跡、計測が可能になります。認証プロバイダーを含め、多数のサプライチェーンパートナーが数百万ものウェブサイトでクレジットカードの本人確認などに使用する仕組み。またGoogleやFacebookでも、検索画面やデジタルアセット内の広告で、広告主のリンク先がクリックされた回数を追跡するために使用しています。 UID2やPrebid SSOも、このテクノロジーによって、インターネットゲートキーパーによるアクティブな干渉があった場合でも、ユーザーがアクセスしたサイト全体でオプトインの選択が確実に共有されるようにしています。
詳しく見る

Brand / Agency DSP (ブランド/代理店向けDSP)

Criteoが運用していない、サードパーティのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)。Criteoのお客様であっても、他社DSPではCriteo独自のオーディエンスを利用することはできません。

Brand Affinity (ブランドアフィニティ)(親和性)

ブランドや数多くの要素(ページ、人、他社のブランド)に対して、好意的なセンチメント(感情)が示される可能性。

Brand Lift (ブランドリフト)

広告に接触したグループと広告に接触していない比較対象となるコントロールグループとの間で認知度の違いを比較することで、広告による効果の増分を測定します。

Brand Safety & Fraud Prevention (ブランドセーフティと不正行為の防止)

ブランドセーフティを確保するツールによって、最適化を自動的に制御し、許容できるコンテンツを判断するメディアオーナーやマーケターの定義が、売買されるメディアで確実に適用されるようにします。不正行為の防止には、マーケターが広告を配信しているメディアで人間以外のトラフィックや偽造のブランディングを排除する、自動化された最適化も含まれます。
詳しく見る

Buy (購入)

あらかじめ設定した目標を達成するために、最適なタイミングとコストで関連性の高いメディアチャネルの広告枠を購入すること。

Buyer Index (バイヤーインデックス)

コマースメディアに新たなエンゲージメントの機会をもたらす、Criteoが提供するAI駆動の傾向モデル。バイヤーインデックスでは、コンテキストシグナルに現れる買い物客の購入意欲に関するデータを活かして、マーケティングの成果を拡大します。
詳しく見る

C

California Consumer Privacy Act (CCPA) (カリフォルニア州消費者プライバシー法)

California Consumer Privacy Act. A law that secures new privacy rights for California consumers.

Call to Action (CTA) (行動喚起)

「今すぐ購入」などのテキストとともに広告内に配置される、消費者のクリックを誘導する目的に特化したボタン。

Campaign (キャンペーン)

事前に定義した指標に基づく成果を達成するために、マーケターがクリエイティブ、予算、エンゲージメント戦術を組み合わせてCriteoのDSP上で設計するマーケティング施策。

Capping (上限の設定)

広告配信頻度の上限設定は、個別の訪問ユーザーに特定の広告が表示される回数(頻度)を制限する(上限を設ける)ことを意味します。広告の配信頻度.もご参照ください。

Catalog Feed (商品カタログ)

広告主の商品在庫。カタログで表示される商品には通常、商品ID、商品名、詳細説明、画像URL、ブランドのウェブサイトのURLが含まれます。

Channels (チャネル)

広告主のメッセージが対象のオーディエンスに表示される特定のメディアを、通常は広告フォーマットと指定のデバイスを組み合わせて、メディアチャネルと言います(たとえば、動画広告をソーシャルプラットフォーム内に配信してモバイル端末で視聴できるようにする場合、3チャネルと見なします)。オンラインのメディアチャネルには、検索、ディスプレイ、モバイル、ソーシャル、動画ストリーミングなどがあります。
詳しく見る

Click-Through Rate (CTR) (クリックスルー率)

広告を目にした人が、最終的にその広告をクリックした割合。CTRは、広告のクリック数を広告の表示回数で割って算出します。

Click/Click Through (クリック/クリックスルー)

消費者が広告をクリックするたびに、指定したエンドポイント(広告主のウェブサイトなど)へ誘導すること。

Cohort Audiences (コホートオーディエンス)

Googleのコホートオーディエンスは、ブラウザでの閲覧行動に基づいて、各ブラウザに単一のオーディエンスセグメントを割り当てます。コホートは互いに独立しており、各ブラウザは1つのコホートにのみ属することになります。各コホートは大規模な単一のグループになることが想定されているため、マーケターはこのオーディエンスセグメントを測定や最適化を目的に利用することはできません。
詳しく見る

Commerce Audience (コマースオーディエンス)

Criteoが提供するオーディエンスの1つ。広告主が、特定のカテゴリーやブランドに関心を示している潜在顧客や、社会人口統計の観点で固有の特徴を持っている見込み客にエンゲージできるようにします。詳しく見る

Commerce Data (コマースデータ)

商品の購入および購入意欲に関するCriteoのデータセット。このデータによって、消費者の行動やショッピングジャーニーに関するさまざまなインサイトがもたらされます。Criteoのコマースデータセットには、人口統計、位置情報、クリックされた広告、閲覧されたページや商品、購入された商品、実店舗での売上といったデータのほか、URLやカテゴリー、キーワードなどパブリッシャーから取得したコンテキストベースのデータが含まれます。
詳しく見る

Commerce Data Collective (コマースデータの集合)

お客様はカタログ、取引、興味・関心に関するデータが蓄積された共有のプールにオプトインでアクセスすることで、Criteoのファーストパーティ・メディア・ネットワーク全体における消費者とのエンゲージメントをより最適化することができます。この独自データは、CriteoのDSPを利用している場合に限り、アクセスが可能です。データは匿名化され、個々のマーケターの負担が1%未満であることから、すべての広告主が投資をはるかに上回る成果を上げていることが示されています。
詳しく見る

Commerce Insights (コマースインサイト)

メディアの評価指標をオーガニックなコマースデータと組み合わせることで、リテールメディアに影響を及ぼし、コンテンツの最適化や販売商品の決定まで対応できるソリューション。

Commerce Media (コマースメディア)

コマースデータとインテリジェンスを融合したデジタル広告。マーケターとメディアオーナーに高いコマースの成果をもたらします。詳しく見る

Commerce Media Platform (コマースメディアプラットフォーム)

CriteoのDSPとSSPを含め、世界最大のコマースデータセットを備えたプラットフォーム。マーケターやメディアオーナーによるオーディエンスへのリーチ、また収益化を支援することによって、コマースの成果を促進します。

Competition Win % (入札勝率)

プログラマティック広告の市場でマーケターが獲得した目標インプレッションの割合。

Composer (コンポーザー)

DCO+の中心的なコンポーネント。各社のブランドガイドラインに基づき、クライアントごとのデジタルデザインフレームワークを構築できるクリエイティブサービスを提供します。

Connected TV (CTV) (コネクテッドTV)

動画広告の配信先となるデバイスの1つ。オーバーザトップ(OTT)サービスを介して、コネクテッドTV(インターネット接続が内蔵されたテレビ)やストリーミング用デバイス(Apple TV、Amazon Firestick、Rokuなど)にストリーミング配信される番組や映画の中で広告が表示されます。
詳しく見る

Consent Management Platform (CMP) (同意管理プラットフォーム)

ユーザーの同意を要求、取得、保管、更新するためにパブリッシャーが使用するプラットフォーム。多くのCMPではユーザーフレンドリーなインターフェイスが採用され、ベンダーによるオンラインのフットプリントのターゲティング/共有に対するユーザーの許可/拒否を促しています。
詳しく見る

Consideration (検討)

検討広告とは、人々がブランドにつながり、その良さをもっと知りたいと思うようにデザインされたマーケティング目標です。

Consumer (消費者)

インターネットを経由してブラウジングを行い、そこで目にした広告をきっかけにアクションを起こしたり、商品の購入を検討するユーザーのこと。

Contexts (コンテキスト)

広告配信を取り巻く周辺環境。コンテキストシグナルの代表的なものとして、URL、カテゴリーレベル、テキスト、画像などがある。

Contextual Targeting (コンテクスチュアル・ターゲティング)

コンテクスチュアル・ターゲティング は、ページ内のコンテンツに広告をマッチングさせるターゲティング手法。広告主は、消費者グループの興味・関心と閲覧しているデジタルコンテンツの内容に基づいて、広告を配信できます。

Conversion Rate (CR) (コンバージョン率)

発生したクリック数に対する成果(コンバージョン)の割合。

Cookie

ユーザーのPCに保存される小サイズのテキストファイル。ウェブを閲覧するユーザーの動きに合わせて、ウェブサーバーがユーザー体験を向上するための仕組み。

Cost of Sales (COS) (売上に対するコスト比)

キャンペーンの総コストとキャンペーンによって生み出された売上の比率。つまり、収益に対して広告費が占める割合を指します。COS = 広告支出 ÷ 収益

Cost Per Acquisition (CPA) (成果当たりのコスト)

消費者のアクション(購入、申込みフォームの送信、予約の完了など)を促すために費やされたマーケターの支出総額。合計コストをコンバージョン数で割って算出します。

Cost Per Click (CPC) (クリック単価)

消費者が広告を1回クリックするごとに発生するコスト。合計コストをクリック数で割って算出します。

Cost Per Install (CPI) (インストール単価)

アプリが1回インストールされるごとに発生するコスト。合計コストをインストール数で割って算出します。

Cost Per Lead (CPL) (リード単価)

リードが生成されるたびに発生するコスト。リードは通常、ユーザーがフォームに連絡先情報を入力して送信すると、1件としてカウントされます。合計コストをリード数で割って算出します。

Cost Per Mille (CPM) (インプレッション単価)

1,000インプレッション当たりのコスト。バイヤーがパブリッシャーパートナーに支払うCPMベースの金額。パートナーのウェブサイトで配信される1,000インプレッションごとに支払われます。(売上 ÷ インプレッション数) x 1,000

Cost Per Order (CPO) (受注1件当たりのコスト)

受注1件につき発生する平均コスト。合計コストを受注数で割って算出します。

Cost Per View (CPV) (広告視聴単価)

動画広告が1回視聴されるごとに発生するコスト。通常、1回の視聴完了としてカウントするには、最低でも一定時間以上の視聴が必要です。合計コストを視聴完了数で割って算出します。

Creative Studio (クリエイティブスタジオ)

CriteoのクリエイティブコンサルタントがStudioを使用して作成するカスタムのクリエイティブ。

Criteo DSP

Criteoのデマンドサイドプラットフォーム。デジタルメディアの購買を最適化します。お客様は目標とするKPIや成果に合わせて、計画から購入、パーソナライズ、測定と分析まで、すべてのキャンペーンの管理が可能になります。Criteo DSPでは、Criteo独自のコマースオーディエンスを活用することができます。他社のDSPからはアクセスできませんのでご注意ください。
詳しく見る

Criteo Exchange (CRITEOエクスチェンジ)

セラーとバイヤーの需要と供給をマッチングさせるための中立的なマーケットプレイス。どちらか一方を優遇することなく、証券取引のように中立的な立場を維持しています。Criteoのアドエクスチェンジでは、ファーストパーティ・メディア・ネットワークへの参加と、コマースデータの利用を選択したお客様に対して、条件付きアクセスを提供することで、他社の機能との差別化を図っています。
詳しく見る

Criteo SSP

セラー側に提供するCriteoのサプライサイドプラットフォーム。メディアオーナーがデータとメディアインベントリを収益化できるようにサポートします。Criteo DSPをはじめ、100を超えるDSPからの売上・収益を管理することが可能です。Criteo SSPを利用すると、Criteoのバイヤーインデックスデータにアクセスして、さらに収益を最適化できるようになります。
詳しく見る

Custom Audience (カスタムオーディエンス)

お客様専用、または単一のユースケースに特化して構築したオーディエンス。.

Customer Acquisition (新規顧客の獲得)(カスタマーアクイジション)

新規顧客の獲得を目的としたアクション。オフライン/オンラインを問わず、新規顧客を発掘して購入に導くためのあらゆる手段が含まれます。カスタマーアクイジションでよく用いられる手法として、オフラインではコールドコールやダイレクトメール、オンラインではeメール、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、SEO、有料のディスプレイ広告や検索広告などがあります。
詳しく見る

Customer Catalog Files (顧客のカタログファイル)

商品カタログのフィードとも呼ばれる。広告主の商品在庫。カタログで表示される商品には通常、商品ID、商品名、詳細説明、画像URL、ブランドのウェブサイトのURLが含まれます。

Customer Data Platform (CDP) (顧客データプラットフォーム)

データ管理プラットフォーム(DMP)と同様の役割がありますが、その多くで個人の識別が可能な情報(PII )、つまり個人を直接特定できるIDデータが管理されており、メールの送信などに利用されます。

Customer Targeting (顧客ターゲティング)

顧客リストの特定グループにリーチして、リエンゲージメントと販売を促進するための手法。

D

Data Management Platform (DMP) (データ管理プラットフォーム)

広告のバイヤーとセラーにオーディエンスやターゲティングに関するインサイトを提供するために、データフィードの集約・処理を行うソフトウェアベースのソリューション。

Data Warehouse (データウェアハウス)

複数のデータストアから供給されたデータを保管する大規模なデータベース。

Deal ID (取引ID)

プログラマティック直接取引(マーケットプレイスで行われるプライベートなオークション、優先取引、保証取引)に対して、パブリッシャーのサプライサイドプラットフォーム(または広告サーバー)から発行される、通常19文字から成る固有の番号。メディアのバイヤーはオークションで取引IDによってパブリッシャーを識別し、事前に交渉した一定の条件に基づいてプレミアムインベントリを購入します。
詳しく見る

Deduplicated Reach (重複を排除したリーチ)

広告によってリーチした世帯または個人の重複していないカウント数。

Demand-Side Platform (DSP) (デマンドサイドプラットフォーム)

マーケターの成果達成をターゲティング手法によってサポートするテクノロジープラットフォーム。キャンペーン、レポート、広範囲にわたるインベントリへのアクセスを一元管理するシステムです。

Devices (デバイス)

デジタルメディアでのコンテンツの視聴やインタラクション、商品やサービスの購入に使用される、インターネットに接続可能なハードウェア(PC、タブレット端末、スマートフォン、テレビ)。

Digital Shelf (デジタルシェルフ)

実店舗でのショッピングと同等のオンライン体験。デジタルシェルフは、ブランドの商品をオンラインで並べることができる場所を指し、小売業者のウェブサイトやアプリ、マーケットプレイスのほか、多くのeコマースチャネルで検索結果や商品の詳細ページなどを表示することができます。
詳しく見る

Directly Identifiable Information (個人を直接識別できる情報)

特定の個人を直接識別できるオフラインのIDに結び付く、あるいは結び付けることを意図した識別子。たとえば、氏名、社会保障番号、運転免許証番号、銀行の口座番号、パスポート番号、メールアドレスなどがそれに該当します。個人を特定可能な情報(PII)とも呼ばれます。
詳しく見る

Display Advertising (ディスプレイ広告)

ウェブサイト、ソーシャルメディア、アプリなどに掲載されるビジュアル広告。画像、テキスト、動画のバナー広告が多く、クリックするとウェブサイトやランディングページに誘導されます。
詳しく見る

Dynamic Ads (ダイナミック広告)

エンゲージメントとコンバージョンの促進を目的に、閲覧している消費者に合わせて自動的にパーソナライズされる広告。

Dynamic Budget Reallocation (予算の動的な再配分)

事前に設定したキャンペーン予算の範囲内で、複数の戦術の予算配分を自動的に調節します。

Dynamic Creative (ダイナミッククリエイティブ)

商品カタログを有効活用するレスポンシブ広告。コンテンツやメッセージを動的に最適化することで、個々のユーザーに合わせてパーソナライズされた体験を提供します。

Dynamic Creative Optimization+ (DCO+) (ダイナミック クリエイティブ オプティマゼーション)

Criteoのアドテクノロジー。広告を見ているユーザーのデータと実際の環境(地理的な位置、回線の接続スピード、画面サイズ)に基づいて、テキスト、画像、リンクなどの要素を、クリエイティブの最適なテンプレートにリアルタイムでマッチングさせます。この製品は、Criteo DSPのお客様のみがオプションのアドオンとして利用可能です。
詳しく見る

E

Effective Cost Per Mille (eCPM) (有効インプレッション単価)

広告主が選択した関連するKPI(CTR/CR/COS)を、インプレッションの購入に使用した課金モデル(CPM、CPC、CPA、CPL、CPCVなど)にかかわらず、配信されたインプレッション数で割った値。広く適用されるCPC課金モデルで算出する場合: eCPM = (CPC x クリック数 ÷ インプレッション数) x 1,000
詳しく見る

Enriched Catalog (拡張カタログ)

商品動画などのリッチメディア(拡張メディア)で、追加フィールドごとにデータ品質を高めたパートナーの商品カタログ。インポート日と拡張日が組み込まれたバージョンもあります。

Experience Management (体験データの管理)

コンテンツとデジタルアセットにアクセスする消費者とのマッチング精度を高めるためのマーケター向けのツール。

F

First-Party Cookie (1P Cookie) (ファーストパーティCOOKIE)

ユーザーのPCに保存される小サイズのテキストファイル。ユーザーがアクセス中のウェブサイトによって生成されます。このCookieへのアクセスは、ユーザーが別のウェブサイトを訪問している場合は「サードパーティの」ユースケースになります。
詳しく見る

First-Party Data (1P Data) ファーストパーティデータ(1Pデータ)

企業が自社内で保有しているソースから収集できる情報。オンライン/オフラインを問わず、自社のウェブサイト、アプリ、CRM、ソーシャルメディア、アンケート調査を含め、保有するソースから取得した顧客情報はファーストパーティデータに該当します。
詳しく見る

First-Party Media Network (1PMN) (ファーストパーティ・メディア・ネットワーク)

Criteoのファーストパーティ・メディア・ネットワークは、ファーストパーティの直接的な信頼関係が築かれたネットワークを介して、オープンなインターネット全体で大規模にアドレサブル広告を配信できる、バイヤーとセラーをつなぐパイプラインとして機能します。
詳しく見る

FLEDGE

FLEDGE は、Googleが提案する「グループの実験に対し、ローカルで実行された最初の決定((First Locally-Executed Decision over Groups Experiment)」の略語です。分散化されたオープンウェブで相互運用可能なIDに置き換わる現実的な代替機能として、GoogleのTURTLEDOVEオークションメカニズムの有効性を測定するための提案です。
詳しく見る

FLoC

Googleが提案する「コホートの連合学習(FLoC)」。Chromeブラウザによって、消費者の行動に関する情報をさまざまなウェブサイトを横断して収集・処理し、ブラウザごとに単一のコホートオーディエンスを割り当てます。

Frequency Cap (フリークエンシーキャップ)

指定した期間の中で個別のユーザーに特定の広告が表示される回数の上限。

Full-Funnel Marketing (フルファネルマーケティング)

消費者のショッピングジャーニー全体にわたってエンゲージするための戦略。認知から検討、コンバージョンまで、購入ファネルのすべての段階に目標を組み込みます。

G

General Data Protection Regulation (GDPR) (一般データ保護規則)

欧州全体におけるデータプライバシー法の調和を目的として、EUが制定したデータ保護の枠組み。EU加盟国の市民のプライバシーを保護するため、EU加盟国内の市民に関する個人データを取り扱うEU内外のすべての企業に適用されます。

Geotargeting (ジオターゲティング)

位置情報に基づいて消費者に広告を配信する手法。

Guaranteed Deals (保証割引)

プログラマティック取引の一種。保証された予算に対し、保証されたインプレッション数に基づいて固定価格で販売される取引。

H

Hashed Email (ハッシュ化されたメール)

暗号化されたメール。複数の異なるデバイス間で同一の体験が可能になります。多くの組織では、ハッシュ関数にソルト(ランダム文字列)を追加し、メールをプライバシーバイデザインが強化された仮名IDに変換してから送信しています。通常はHEMの略称で呼ばれ、MD5、SHA256が最もよく利用されるハッシュ化方式です。
詳しく見る

Head to Head Test (H2H) (直接比較テスト)

広告主がパフォーマンスを比較するために2つの競合ソリューションを同時に実行する期間。

Header Bidding (ヘッダービディング)

パブリッシャーが複数のアドエクスチェンジへ同時にインベントリを提供してから、パブリッシャーの広告サーバーにコールを発生させる高度なプログラマティック手法。

HTML

ハイパーテキストマークアップ言語(Hypertext Markup Language)の略。オープンウェブに展開するインタラクティブなコンテンツを作成するコード記述言語。

I

Identity Data & Resolution (IDデータとマッチング)

あらゆるタッチポイントを横断してデバイス間でIDを取得・照合するプロセス。マーケターは、オムニチャネルにおける個々の顧客に関する統一された全体像をつかむことで、顧客のショッピングジャーニー全体を通じて、コンテキストと関連性の高いパーソナライズされたメッセージを届けることができます。
詳しく見る

Identity Graph (CRITEOアイデンティティグラフ)

デバイス、ブラウザ、アプリを横断して、IDを結び付けます。顧客・買い物客になる前段階の見込み客を、既存の顧客と同様の方法でIDにリンクさせることができます。

Impression (or Display) インプレッション(または広告表示)

デジタルデバイスを利用している消費者に広告を配信する機会。

In-Market Audience (「インマーケットな」オーディエンス)

対象となる市場の中で特定の商品・サービスを購入する見込みの高い人。コマースの購入意欲データを参照してください。

In-Moment Context (タイミングや状況に即したコンテキスト)

Criteoでは、購入意欲を示す大規模なコマースデータを活用して、有望な商品・消費者・ページのランキングを割り出します。この手法によって、ページ内のコンテキストに基づいた関連性のある広告を配信することができます。

Incrementality (インクリメンタリティ)(増分効果)

マーケティングの効果を測定する高度な手法。購入者が広告コンテンツを目にしたことによって購入に至ったという証明(つまりアトリビューション)を示すための手法です。

Insertion Order (IO) (広告掲載オーダー)

広告キャンペーン用の新たな予算を有効化するために、広告主/代理店が合意した契約。広告主の署名によって、契約締結となります。

Interactions (インタラクション)

Criteoのお客様が行うマーケティングと収益化の取り組みに関連して、消費者が閲覧、クリック、店舗訪問などのアクションを起こすタッチポイント。

Interactive Advertising Bureau (IAB) (インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー)

デジタル広告の標準規格とガイドラインを策定する業界団体。

Interest Map (興味・関心マップ)

消費者の行動・取引パターンと標準的な商品、カテゴリー、ブランドIDに関連付ける、Criteoショッパーグラフのデータ群。

Inventory Management (インベントリ管理)

メディアオーナーがデジタルアセット内の広告枠をパッケージ化/収益化するプロセス。

K

Key Performance Indicator (KPI) (重要業績評価指標)

達成したい目標または結果。キャンペーンの成果を測定する方法とも言えます。広告費用対効果(ROAS)、売上に対するコスト比(COS)、リード単価(CPL)と訪問単価(CPV)は、多くの企業で利用されているKPIです。

L

Last-Touch Attribution (ラストタッチアトリビューション)

アトリビューション」を参照してください。広く利用されているアトリビューションモデルの一種。売上やコンバージョンの直前に発生した最終的なタッチポイント(つまりクリック)に、100%の評価を割り当てます。

Lifetime Value (CLV) (顧客生涯価値)

1人の顧客によってもたらされた純利益を把握するための指標。多くの企業が、マーケティング活動を通じた高いCLVの確保を目指しています。

Liquid Design (リキッドデザイン)

ブラウザのウィンドウサイズに合わせて変動する、流動性のある広告レイアウト。ページを閲覧しているユーザーに関係なく、サイズと相対的なページ比重は変わりません。

Look-Alike (類似オーディエンス)

AI駆動のオーディエンス評価プロセスによって特定されたセグメント(シードデータ)に類似するオーディエンス。マーケターが保有する既存のファーストパーティデータをシードデータとすることが多い。

Lookalike Finder (類似オーディエンスの発掘)

Criteo DSPの中心的な機能。AIとCriteoショッパーグラフをもとに類似オーディエンスと呼ばれる消費者グループを構成して、対象企業の優良顧客と類似する特性を持った新たな顧客を発掘します。

M

Management Center (formerly CPP) CRITEO マネージメント センター(旧称:CPP)

社内・社外のいずれでも利用可能な、Criteoのパフォーマンス追跡インターフェイス。広告主とパブリッシャーの日次パフォーマンスを追跡して、広告主の予算やクリック単価(CPC)を監視・変更します。

Marketer (マーケター)

理想的なオーディエンスに最適なコンテンツを提供することで、商品やサービスを購入する顧客を獲得・拡大する役割を担います。マーケティングの機能には、オーディエンスの定義(どのような消費者、どこにいる消費者を対象とするか)、コンテンツの作成(どのようなコンテンツを提供するか)、メディアに投下する予算と入札価格の配分(どの程度のコストをかけるか)、コンテンツのマッチング手法(何をどのタイミングで配信するか)などが含まれ、これらの取り組みによって成果(どのぐらいの効果があったか)を高めることができます。
詳しく見る

Measure (測定)

メディアを測定することにより、計画段階で設定した目標とKPIに対して、広告キャンペーンの露出と相対的な成果を定量的に評価できます。

Measurement Data (測定データ)

マーケティングファネル全体を通じて実施したマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを分析した結果から得られるデータ。マーケティングファネルの各段階で抽出されるデータポイントには、インプレッション数、ページの閲覧回数、クリック数、重複を排除した訪問回数、リード数、売上/販売、リピート購入などがあります。
詳しく見る

Media Plan (メディアプラン)

エンゲージする対象のオーディエンス、リーチする場所、メッセージを配信するタイミング、エンゲージメントの頻度のほか、投資利益率(ROI)を最大化するためのメディア施策をマーケターが決定するプロセス。

Mindshare (マインドシェア)(マーケティング用語)

広告主によってあらかじめ定義されたオーディエンスのうち、少なくとも1つ以上の広告に接触した割合。リーチを参照してください。

Mobile Ads (モバイル広告)

スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイス向けにデザインされた標準的な広告ユニット。

Mobile Advertising Identifiers (MAIDs) (モバイル広告ID)

モバイルデバイスのOSが生成する一意の匿名ID。Apple製デバイスのモバイルID(IDFA)は仕様変更が予定されており、Appleが管理していない他社製のアプリの場合、IDFAを受け取るには、ユーザーに「オプトイン」を要求することになります。なお、Appleはこのポリシーを自社製のアプリには適用していません。
詳しく見る

Monetization (収益化)

アセットを収益へと変換するプロセス。メディアオーナーの場合、デジタルアセットの広告枠とデータを使って、訪問者を顧客へ転換することなどが該当します。

Multi-Touch Attribution (マルチタッチアトリビューション)

アトリビューション」を参照してください。アトリビューションモデルの1つ。売上やコンバージョンの前段階で発生した複数のタッチポイント(クリックなど)に、それぞれ評価を割り当てます。マルチタッチアトリビューションモデルの代表としては、線形(または時間)減衰モデル(単一のタッチポイントに評価を割り当てるラストクリックモデルやファーストクリックモデルとは対照的なモデル)があります。
詳しく見る

N

Native Ads (ネイティブ広告)

消費者体験の向上を目的として、コンテンツの背景状況に溶け込ませることで、見た目も雰囲気も周辺のコンテンツとの親和性が高い広告。Pinterestで表示される広告(プロモートピンなど)は、ネイティブ広告の見本と言えます。

Network (ネットワーク)

Criteoのパブリッシャーとサプライサイドとの直接的な関係。マーケターが成果を達成できる最も効率的なルートが確立されます。

O

Omnichannel Retail (オムニチャネルの小売販売)

オンラインとオフラインのチャネルにわたって商品を販売し、すべての販売チャネルで一貫した顧客体験を生み出す小売業者の環境。主に、オンラインの小売サイト、マーケットプレイス、ソーシャルメディアのチャネル、実店舗など。

Online Video (OLV) (オンライン動画)

動画広告フォーマットの1つ。通常は(コネクテッドTVのデバイスではなく)ウェブやモバイルアプリのデバイスに配信される動画広告をOLVと呼びます。

Open Internet (オープンなインターネット)

オープンウェブとも呼ばれる、ウォールドガーデンの外側でデジタルパブリッシングや広告活動を行う、検索やソーシャルメディアのプラットフォーム。

Opt-Out (オプトアウト)

行動ターゲティングに基づく広告を今後受け取らないという選択を伝えるユーザーの意思表明。ユーザーは、Criteoの各バナーに表示される青色の「i」アイコンをクリックしてCriteoのプライバシーポリシーページに進み、Criteoからの行動ターゲティング広告の受信をオプトアウトできます。
詳しく見る

Outcome (成果)

Criteoの顧客であるマーケターまたはメディアオーナーが、指定した1つ以上の指標(つまり「KPI」)を達成した実績を「成果」と呼びます。

Outcome Optimization (成果の最適化)

AIが搭載されたCriteoの広告インベントリ購買ソリューションによって、チャネル、予算、入札、オーディエンス、メッセージを継続的に改善し、優れた成果の達成をサポートすること。

Over-the-Top (OTT) (オーバーザトップ)

ケーブルテレビのセットトップボックス経由で配信されるあらゆる動画コンテンツ。コネクテッドTV(CTV)とオンライン動画(OLV)の両方を含む総称。Netflix、Hulu、Slingなどのサービスもここに含まれる。やや時代遅れに聞こえることから、Criteoではこの呼称を使用していません。
詳しく見る

P

Passback (パスバック)

メディアオーナーが配信できなかったインプレッションを、ウォーターフォール内で次のバイヤーの購入機会に再利用できること。メディアオーナーの広告スタックを運用するにはやや時代遅れな手法で、ほとんど効果は見込めませんが、現在もまだ存続しています。
詳しく見る

Personalize (パーソナライズ)

パーソナライズド広告は、データを駆使して対象とするオーディエンスにより関連性の高いメッセージを伝えるためのマーケティング手法。

Personally Identifiable Information (PII) (個人を識別できる情報)

特定の個人を直接識別できるオフラインのIDに結び付く、あるいは結び付けることを意図した識別子。たとえば、氏名、社会保障番号、運転免許証番号、銀行の口座番号、パスポート番号、メールアドレスなどもその一部です。個人を直接特定できる情報とも呼ばれます。
詳しく見る

Post-Click Sales (ポストクリックセールス)

消費者が広告をクリックしてから一定の期間内にウェブサイトやモバイルアプリで行われた購入。この期間はさまざまですが、通常は最大30日間とされています。

Prebid SSO

業界のエコシステムをけん引するオープンソースの通知・選択フレームワーク。責任のある特定可能なメディアIDと、そのIDに紐づくデフォルトの消費者プライバシーシグナルを生成します。Prebidソリューションにより、IDをログアウトした状態でも消費者は選択の意向を示すことが可能になり、ログイン済みのIDを使用すればデバイス間で選択の意向を同期することも可能です。
詳しく見る

Predicted Click-Through Rate (予測クリック率)

Criteo AIエンジンが算出するインプレッション見込み単位で予測されるクリックスルー率(CTR)。

Predictive Bidding (予測入札)

消費者ごとに閲覧中のコンテンツや最適なタイミングを狙って入札を調整するAI駆動のアルゴリズム。

Preferred Deals (非予約型優先取引)

取引IDを使用して、メディアオーナーが特定のインベントリを特定のバイヤーに、通常は最小価格を固定して割り当てることができる機能。

Premium Ad Inventory (プレミアム広告インベントリ)

高品質と見なされるため、高価格で取引される広告インベントリ。

Privacy Mesh (プライバシーメッシュ)

ファーストパーティデータを取得するプライバシーバイデザイン手法。Criteoのプライバシーメッシュでは、Criteoのコマースデータプラットフォームに提供されるあらゆるデータの生成元、目的、適用される用途、保存と監査方法を規定しています。Criteoが顧客データのID変更、販売、リークをすることはありません。
詳しく見る

Private Marketplace (PMP) (プライベートマーケットプレイス)

パブリッシャーがリアルタイムで参加する、広告主の数が限定された招待制の広告インベントリのオークション。パブリッシャー1社が複数の広告主にインベントリへの入札を招待する招待者限定のオークション。「招待者限定」という特性ゆえに、プライベートオークションと呼ばれています。
詳しく見る

Product Recommendations (商品レコメンド)

ウェブサイトの移動、直近のアクティビティ、閲覧している商品のタイプなど、オンサイトで行われる買い物客特有の行動に基づいて、デジタルコンテンツを特定の商品にマッチングさせるAI駆動のアルゴリズム。

Programmatic Advertising (プログラマティック広告)

電話、FAX、メールなど従来の購入方法とは対照的に、ソフトウェアによって自動化されたリアルタイムの広告購入の仕組み。

Programmatic Direct (プログラマティックダイレクト)

プログラマティック広告を参照してください。プログラマティック広告は「プログラマティックダイレクト」と呼ばれ、仲介者が介入することなく、広告インベントリの売買がパブリッシャーと広告主の間で直接行われる取引を指します。プログラムベースの保証取引、優先取引、プライベートマーケットプレイス(PMP)などが含まれます。
詳しく見る

Programmatic Mediation (プログラマティックメディエーション)

プログラマティック広告を参照してください。メディアオーナー(主にアプリ開発元)がインベントリを勝ち取るために、通常はウォーターフォール方式で複数の需要ソース(慣習的にアドネットワーク)に接続できるようにするプラットフォーム。
詳しく見る

Pseudonymous Identifier (仮名ID)

IDの形式。によって、消費者のIDと区別する技術的または運用上の適切なプロセスを構築します。この反意語である個人を特定可能な情報 企業はこの仮名ID(PII)も参照してください。

Publisher (パブリッシャー)

コンテンツ(ニュース記事など)が掲載されるウェブサイト。その多くが広告枠を販売することでトラフィックを収益化しています。

Publisher Monetization (パブリッシャーの収益化)

メディアオーナーがデータとコンテンツを活用して広告を収益につなげる手法。

R

Reach (リーチ)

マーケターが対象とするオーディエンスのうち、少なくとも1つ以上の広告に接触したオーディエンスの割合。

Reach & Performance Forecasts (リーチとパフォーマンスの予測)

CriteoのAIエンジンによる予測。事前に設定した指標に基づいて、リーチを見込める消費者の規模や、特定のキャンペーンで期待できる成果を予測します。

Real-Time Audience (RTA) (リアルタイムオーディエンス)

Criteoが開発したプロトコル。このプロトコルによってメディアオーナーの広告サーバーと通信し、ページを閲覧中の消費者に広告を表示するかを判断できるようになります。

Real-Time Bidding (RTB) (リアルタイム入札)

プログラマティックエクスチェンジやソフトウェアソリューションを介した広告インベントリの売買。各インプレッションは最高額を入札した広告主にリアルタイムで販売され、潜在顧客のブラウザやアプリへの広告ユニットのロードは一瞬のうちに完了します。
詳しく見る

Real-Time Creative Optimization (RTCO) (リアルタイムクリエイティブ最適化)

DCO+のサブ機能。Criteoのリアルタイムクリエイティブ最適化は、事前に定義されたビジュアル要素のどのセットが、指定の期間中に指定のコンテキスト内で特定の消費者に最もエンゲージできるかを瞬時に算出します。

Recommendation Engine (レコメンドエンジン)

CriteoのAI駆動アルゴリズム。特定の消費者に最も関連性の高い商品を提案します。

Renderer (レンダラー)

完全に最適化された広告をメディアオーナーのページにリアルタイムで表示させるCriteo独自のテクノロジー。1つのキャンペーンで何十億通りもの広告バリエーションを利用できます。

Reseller Program (リセラープログラム)

小売業者がCriteoダイナミックリターゲティングを各社のブランドパートナーに代理販売できるプログラム。さまざまな大手メディアオーナーが配信する共同ブランディングのダイナミック広告によって、パートナーである小売業者とブランドの双方が買い物客へ大規模にリーチすることができます。
詳しく見る

Retail Ads (リテール広告)

小売業者が(オンラインとオフラインの)店舗広告を活用して、商品に対する認知度と興味・関心を高め、ターゲットとなるオーディエンスからの売上を創出するためのプロセス。小売業者は広告を通じて対象のオーディエンスに影響を及ぼし、明確なマーケティング目標の達成を目指します。
詳しく見る

Retail Media (リテールメディア)

小売業者のウェブサイトやアプリで広告を売買する分野の1つ。最も一般的な広告フォーマットは、検索結果、商品のカテゴリーや詳細ページで表示されるようなスポンサード商品広告。
詳しく見る

Retargeting (リターゲティング)

リマーケティングとも呼ばれ、過去にファーストパーティのデジタルウェブコンテンツにアクセスしたことのある(ウェブサイトの訪問、モバイルアプリの登録など)消費者に対して広告を表示する手法。

Retention (リテンション)

顧客リテンションは、企業が提供する商品やサービスの継続利用を促すことで、現在または以前の顧客とのエンゲージメントを目的に設計されるマーケティング目標の1つ。

Return on Advertising Spend (ROAS) (広告費用対効果)

広告支出1ドルに対して、どれだけの収益を上げているかを測る指標。ROASは、2:1といった比率で表します。

Return on Investment (ROI) (投資利益率)

デジタルマーケティングのROIは通常、収益をコストで割って算出します。コストには初期投資のほか、広告キャンペーンにかかる費用も含まれます。ROI = 1 ÷ 売上原価(COS)です。多くの場合、ROIは広告費用対効果(ROAS)に相当します。
詳しく見る

S

Sales (売上、コンバージョン件数)

売りたい商品やサービスを消費者が購入すること。

Same-Device Match (同一デバイスマッチ)

ウェブサイトのCookieをモバイル広告IDと結び付けるなど、同一デバイス上で使用されていてもアプリやブラウザごとに異なる別々のIDをリンクさせること。

Second-Price Auction (セカンドプライスオークション)

最高額を付けた入札者が、2番目に高い入札額に1ペニー加えた価格で落札する仕組み。バイヤーの支払い価格が常に入札額以下になるように、現実的な価格での入札を促します。セカンドプライスオークションの大半は、ファーストプライスオークションへの段階的な移行が進められています。
詳しく見る

Self-Service Platform (セルフサービス型プラットフォーム)

マーケターがキャンペーンを企画・展開し、またメディアオーナーがインベントリに対してパラメーターを設定して収益を確認できるようにする、フロントエンドのUIを採用したプラットフォーム。

Sequenced UX (シーケンスUX)

顧客にさまざまなメッセージを表示する頻度と順序をマーケターが設定できる、ストーリー性のある広告手法。

Shopper Graph (ショッパーグラフ)

Criteoショッパーグラフ は、数万に及ぶアクティブな広告主、ブランド、パブリッシャー、小売業者のパワーを結集させ、デバイス、ブラウザ、アプリなど異なる購入環境を横断してオンラインとオフラインの買い物客IDを接続し、各ユーザーの包括的なビューを構築することで、販売の促進、商品の認知度向上、収益の拡大をサポートします。
詳しく見る

Showrooming (ショールーミング)

商品の発見、試用、情報収集は実店舗で行うものの、最終的にはオンラインで購入すること。

Similar Audiences (類似オーディエンス)

ファーストパーティのシードデータと似たオーディエンス。マーケターがリーチの拡大に利用します。Criteoの類似オーディエンスは、CriteoのLookalike AIによるスコアリングの結果に基づいています。

Site Optimization (サイトの最適化)

Criteoのクリエイティブ最適化テクノロジー。広告を見ているユーザーのデータと実際の環境(地理的な位置、回線の接続スピード、画面サイズ)に基づいて、テキスト、画像、リンクなどの要素を、クリエイティブの最適なテンプレートにリアルタイムでマッチングさせます。
詳しく見る

SPARROW

Secure Private Advertising Remotely Run on Webserver(ウェブサーバー上でリモートで実行されるセキュアなプライベート広告)。Criteoは、Googleが提案するTURTLEDOVEに代わる手法として、Chromeでのオーディエンスターゲティングを可能するためにSPARROWを提案しました。TURTLEDOVEの一部はFLEDGEに組み込まれています。
詳しく見る

Static Ad (スタティック広告)

動的バナーとは違い、静的バナーのコンテンツはあらかじめ準備されています。

Supply-Path Optimization (SPO) (サプライパスの最適化)

複数の変数を評価するプロセス。バイヤーを最も効率的な購入ルートに誘導します。このプロセスによって、それぞれが付加価値を提供できるレベルまで、サプライチェーン内で仲介の回数を削減することができます。

Supply-Side Platform (SSP) (サプライサイドプラットフォーム)

パブリッシャーが間接的なインベントリ販売からの収益を最適化するためのツール。SSPには、メディア購入ソリューションに対して、インベントリを集計する機能があります。各テクノロジーのサービスオプション(セルフサービス方式、マネージド、ハイブリッド型)の違いにより、キーボード操作でアクセスするソフトウェアの名称が変わるわけではありません。
詳しく見る

T

Tagged User (タグ付けされたユーザー)

Criteoがタグによって識別する広告主のウェブサイトを訪問したことのあるユーザー(タグには通常Cookieが使用されますが、タグインフラは別のID形式やデータ集合への拡張も可能です)。

Third-Party Cookie (3P Cookie) (サードパーティCOOKIE)

ユーザーが直接訪問したドメイン以外のドメインで作成されるCookie。3P Cookiesには組織間を横断して特定可能なIDが格納されるため、マーケターはエンゲージメント、測定、最適化に活用できます。

Third-Party Data (3P Data) サードパーティデータ(3Pデータ)

パートナーから提供されるデータ。オーディエンスの拡充・拡大に使用されます。

Third-Party SSP (サードパーティのSSP)

Criteoが運用する以外のサプライサイドプラットフォーム(SSP)。Criteoの購入サイド向けソリューションを他社の販売サイド向けソリューションに統合することで、メディアオーナーがCriteoの広告デマンドを利用できるようになっています。

Trade Marketing (トレードマーケティング)

消費者ではなく、卸売業者、小売業者、ディストリビューターに焦点を当てたB2Bマーケティング戦略。この戦略の目標は、サプライチェーンパートナーからの需要を拡大し、消費者に提供する商品を前面に押し出すことです。トレードマーケティングの予算はオンラインへ移行しつつあります。リテールメディアがオンライントレードマーケティングの主要チャネルであるのに対し、トレードマーケティングはオフラインとオフライン双方を対象とするため、リテールメディアよりも対応範囲が広いことが特徴と言えます。
詳しく見る

Triggered Messaging (トリガーとなるメッセージの配信)

消費者の特定のアクティビティに対してメッセージを配信するルールセットの1つ。イベント発生後、指定された時間内に送信することが多い(たとえば、購入から24時間以内にThank youメールを送信したり、カートが放棄されてから24時間以内にリマインダー広告バナーを表示するなど)。
詳しく見る

TURTLEDOVE

Two Uncorrelated Requests, Then Locally-Executed Decision On Victory(相関関係のない2つのリクエストの勝者を、ローカルで決定する)。IDを受け取らなくても、マーケターが消費者にリターゲティングできるようにするための提案。広告サーバーレベルではなく、ブラウザ上で広告オークションの判断を行うことにより機能します。Googleは、TURTLEDOVEの効果をFLEDGEプロジェクトのもとで測定することを提案しています。
詳しく見る

U

Unique Visitor (ユニークビジター)

ウェブサイトの訪問者数を、個人のユーザー単位でカウントすること。1人のユーザーがサイトやアプリに繰り返しアクセスした場合でも、アクセス回数や閲覧したページ数に関係なく、1回とカウントします。これによって、実際の訪問ユーザー数をより正確に把握することができます。
詳しく見る

Universal Catalog (ユニバーサルカタログ)

パートナー間で共有される充実した内容を備えた統一の商品カタログ。各パートナーから提供される最新カタログによって構成されます。時間の経過とともに、継続的に進化します。マーケターにとって重要なのは、パーソナライズと最適化に欠かせないカタログの正規化を維持することです。
詳しく見る

Uplift (増加率)

マーケティング施策(つまり広告表示)によってもたらされた効果の増分。A/Bテストを実行することで測定できます。

User (ユーザー)

インターネットにアクセスする個人の消費者。1人のユーザーが複数のブラウザやデバイスでインターネットにアクセスするため、複数のCookieとユーザーIDが生成されます。

User ID (ユーザーID)

CookieやデバイスIDを含めた、機能IDに関連するトークン。ブラウザまたはデバイスことに固有。

V

Video Completion Rate (VCR) (動画の再生完了率)

動画キャンペーンのKPI測定に広く利用されている指標。パーセントで表します。動画の再生完了数と、接触した消費者の人数を比べた比率です。通常、1回の視聴完了としてカウントするには、最低でも一定時間以上の視聴が必要です。
詳しく見る

Viewable Advertising (ビューアブル広告)

特定の広告が人間のユーザーによって閲覧できる状態にあったかどうかを把握する手段の1つ。人間の目に触れなかったり、自動化されたアクティビティの結果として表示されるようなケースは含まれません。ある広告がどれぐらいの時間にわたって消費者が閲覧・視聴可能な状態にあったかも測定されます。業界標準では、ブラウザウィンドウで広告ピクセルの少なくとも50%が1秒以上(動画広告の場合は2秒以上)表示されることとされています。
詳しく見る

Visits (訪問数)

広告を目にした消費者が、詳しい情報を求めて目的のページや気になる店舗にアクセスすること。

W

Walled Gardens (ウォールドガーデン)

オンライン環境のクローズドなブラックボックス。この環境で広告主が顧客データにアクセスするのは容易ではなく、成果を測定するための手法もコントロールできない。ウォールドガーデンの最もわかりやすい例が、Facebook、Google、Amazon。
詳しく見る

Webrooming (ウェブルーミング)

商品情報の収集と、どの商品を購入するかの決定までをオンラインで行い、最終的に実店舗に足を運んで購入すること。

Y

Yield (収益)

広告収益は、広告によって得られた収益の合計額です。広告活動によってどの程度の成果が得られたのかを把握する指標でもあります。

#

360° Experience (体験)

消費者がマウスを使用したり、モバイルデバイスを操作することによって、自分でコントロールできるイマーシブな(没入感のある)360°体験が得られるデジタル広告。操作しながら広告を楽しんでもらえる、インタラクティブなフォーマットです。
詳しく見る