GDPR


Criteoは、欧州連合(EU)加盟各国のデータプライバシー法がEU一般データ保護規制(GDPR)に統合されることを歓迎しています。ヨーロッパに本社を置くグローバル企業・Criteoには、すでにいくつかの業界におけるベストプラクティスがありますし、DGPRの規制に対応しうる強力な基盤も持っていますので、CriteoにとってGDPRは脅威ではありません。むしろ、個人情報とデータ保護に関する確実で一貫性のある基準を設けることは、企業と消費者双方にとって大きなメリットがあると考えています。これからもCriteoは、GDPRの規制を遵守すべく、不断の努力を続けて参ります。