Criteo ショッパーグラフ


データを活用して
パフォーマンスを高める

ユーザを理解して、驚異的な成果を達成

詳細な購入者データがCriteoのコマースマーケティングエコシステムを強化します。Criteoはユーザの識別データ、関心、測定という3つの観点からデータを取得してまとめることで、ユーザが必要とするものを絶えず把握しています。識別データはユーザとデバイス、アプリ、オンライン/オフライン環境をつなげます。

効果を最大化するためにクロスデバイスと
オンライン/オフラインデータを統合します

Criteoショッパーグラフ内にプールされた識別データには、複数のデバイスを使用して購買を行うオンライン上のアクティブユーザ(約7億)が含まれています。

Criteoとデータを共有する世界中の10,000以上のウェブサイトの正確なクロスデバイス識別情報により、正確なマッチングを実現します。

Criteoのエコシステムへの参加者は、このプールされた識別データへのアクセス権を取得し、分析、属性、ウェブサイトのパーソナライズなどを強化できます。なお、この機能は追加料金なしで利用できます。

Criteoショッパーグラフはどのように
Criteoプロダクトを強化するのか

Criteoダイナミックリターゲティング広告

Criteoダイナミックリターゲティング広告は、詳細な購入行動データを分析することで、レコメンド商品、入札、バナーのデザインなどを最適化して、広告効果を最大化します。

Criteoスポンサードプロダクト

Criteoスポンサードプロダクトは、個人の買物傾向の全体像を把握することで、eコマース体験全体を通して、最も購買意欲のあるユーザに適切なアイテムを提案することができます。