Share this

Share this

取り組み

1969年にBernd Freier氏が創業したs.Oliver Groupは、ヨーロッパの大手ファッション企業です。同社は2015 年に売上高16億7,000万ユーロを達成、従業員数は全世界で7,200人に上ると報告されています。同社のブランドには、s.Oliver、s.Oliver BLAC K LABEL、Q/S designed by、TRIANGLE、comma、LIEBESKIND BERLINなどがあります。

s.Oliverは、かねてから顧客のオンラインにおける購買行動をチャネルやデバイス単位で深く理解したいと考えていました。しかし、既存のラストクリック アトリビューションモデルでは、顧客の購買活動 に影響を与える初期段階のチャネルの重要性は考慮されていませんでした 。

解決策

s.Oliverは数あるソリューションの中から、Criteoのクロスデバイスデータで強化されたExactagのアトリビューション ソリューションを選択しました。これによりすべてのチャネル、パブリッシャー、マーケティング活動を統合して分析するダイナミックマルチタッチアトリビューションモデルを管理できるようになりました。強化されたアイデンティティ機能により複数のデバイスをまたがるより多くの購買活動が正確に追跡、アトリビューションされています。

ExactagのソリューションとともにCriteoアイデンティティグラフを実行することで、s.Oliverは購買活動の中で顧客との接点を62%多く計上することができました。これによりより多くのデバイスをユーザのプロファイルにリンクすることができ、クッキーベースのアプローチからオーディエンス優先のアプローチへの移行に成功しました。さらに、マルチタッチ アトリビューションに切り替えて以来、それまで把握できていなかった顧客との接点による売り上げが13%も増加しました。

今回の 調査で、市場トップのアトリビューション ソリューションであるExactagと、Criteoのアイデンティティグラフサービスを組み合わせることにより、最適なマルチタッチ アトリビューションを実現できることが明らかになりました。

Criteoのアイデンティティグラフサービスを活用することで、s.Oliver がより多くの顧客との接点を認識できた仕組み

  • 年間5500億ドルをオンラインで消費する20億以上のアクティブユーザID
  • 既存の顧客が追加費用なしで利用できる、オープンなコマースマーケティングエコシステム
  • ハッシュ化されたeメールアドレスを継続的に共有する10,000以 上のグローバルなウェブサイトネットワーク
  • プライバシーバイデザインのアプローチにより、すべての基 準、過程、プロトコルにて顧客データを保護

結果

Criteoのアイデンティティ・グラフとExactag が マルチタッチ アトリビューションを 実現!

  • +62% 新たに把握できた顧客 との接点
  • +13% 新たに把握できた顧客との接点による売上

データドリブンアトリビューションに切り替えることで、キャンペーン 全体を理解する手がかりが得られました。CriteoとExactagを組み合わせ ることで、ユーザの購買活動を俯瞰して見ることができるようになり、より深くユーザの行動を理解できました。
— Thomas Grieb氏、Team leader Online Marketing、s.Oliver

+62% 

新たに把握できた顧客 との接点

+13%

新たに把握できた顧客との接点による売上