2019年06月05日
共有する

Criteo JP All Hands、開催しました!

 

Criteo東京オフィスでは社員同士の情報共有やコミュニケーション強化の一環として、毎月全社員が一同に会するイベント「Criteo JP All Hands」を開催しています。5月のAll Handsは5月31日に開催され、海外のオフィスから来日中の社員を含め、有意義な交流の時間を持ちました。

まずは海外から来日中の社員のあいさつと自己紹介からスタート。続いて、日本におけるCriteoソリューションの成功事例として「スミナビ」の導入事例が紹介されました。

「スミナビ」は、社員寮の管理人や工場勤務など住み込み求人広告に特化して急成長中の求人サイトで、Criteoのソリューション導入によってCPAの大幅削減に成功、「ブランディングのための広告から、利益を生む広告への脱皮」を果たしました。

スミナビの成功事例について詳しくはコチラ

続いて、マーケティングやクリエイティブなど各部署の代表者が近況についてスピーチし、各部署の現状や課題、ゴールについての情報共有が行われました。

このあと、最近Criteoに入社したばかりの新メンバーがあいさつ。それぞれ、これまでのキャリアやCriteoでの抱負を語りました。

そして最後に、アジア太平洋地域(APAC)の最高責任者であるKenneth Pao以下 多くの社員が参加して、交流タイムのスタート!

今回はバインミーや春巻きなどベトナム料理をメインにしたケータリングを囲んで、社員同士で近況報告などしながら楽しい時間を過ごしました。こうして社歴や部署の垣根を越えてコミュニケーションできるのも、社内イベントの醍醐味の1つ。Criteoではこういった社内イベントがきっかけで、新たなビジネスのヒントや思わぬコラボレーションが生まれることも珍しくありません。

なお、今回のAll HandsではCriteo JPの今後の目標として、エコ・フレンドリーの取り組みを実践していくことなどが発表されました。具体的な取り組みの内容などについては、今後、本ブログ等を通じてご紹介いたします。お楽しみに!