Criteo、2018 年第 4 四半期および通期の業績を発表

アジア太平洋地域は増収増益、約 8000 万ドル相当の自己株式取得を完了

インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供する Criteo(クリテオ、本社:フランス、 NASDAQ:CRTO)は、2018 年 12 月 31 日を末日とする 2018 年第 4 四半期および通期の決算を 発表しました。

2018 年第 4 四半期 業績ハイライト

  • 売上高は前年同期比 1%減(為替変動の影響を除くと 1%増 1)の 6 億 7,000 万ドルでし た。
  • トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高 2 は前年同期比 2%減(為替変動の影響を 除くと 0.1%増)の 2 億 7,200 万ドルとなり、対売上高比率は 41%でした。
  • 調整後 EBITDA2 は前年同期比 13%(為替変動の影響を除くと 12%)減の 1 億 500 万ド ルであり、TAC を除く実質売上高に対する比率は 39%でした。
  • 営業活動によるキャッシュフローは前年同期比 8%増の 8,600 万ドルでした。
  • フリー・キャッシュフロー2 は 4,000 万ドルでした。
  • 純利益は前年同期比 20%減の 4,200 万ドルでした。
  • 希薄化後 1 株当たり調整純利益 2 は前年同期比 31%減の 0.84 ドルでした。
  • アジア太平洋地域において、トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高は、前年同期比 5%(為替変動の影響を除くと 6%)増の 5800 万ドルで、全地域の 21%を占めました。
  • 約 8000 万ドル相当の自己株式取得を予定通り完了しました。取得株数は 3,499,258 株で、平均株価は 22.86 ドルです。

2018 年通期 業績ハイライト

  • 売上高は前年比 0.2%増(為替変動の影響を除くと 1%減)の 23 億ドルでした。
  • トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高は前年比 3%(為替変動の影響を除くと 2%)増の 9 億 6,600 万ドルとなり、対売上高比率は 42%でした。
  • 調整後 EBITDA は前年比 4%(為替変動の影響を除くと 0.1%)増の 3 億 2,100 万ドルであり、TAC を除く実質売上高に対する比率は 33%でした。
  • 営業活動によるキャッシュフローは前年比 6%増の 2 億 6,100 万ドルでした。
  • フリー・キャッシュフローは 1 億 3,500 万ドルでした。
  • 純利益は前年比 1%減の 9,600 万ドルでした。
  • 希薄化後 1 株当たり調整純利益は前年比 8%減の 2.49 ドルでした。
  • アジア太平洋地域において、トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高は、前年比 6% (為替変動の影響を除くと 5%)増の 2 億 2,300 万ドルで、全地域の 23%を占めました。

エグゼクティブのコメント

Criteo のCEO(最高経営責任者)であるJB・リュデルは、「当社のビジネスは、繰り返し実績を積み上

げながら精度を高めていくという性質であることから、お客様には我々のパフォーマンスに対して期待を持ってい ただいております。こうした信頼のもと、新たな製品およびソリューションを通じてお客様との関係をさらに広げて まいります」と述べています。

また、CFO(最高財務責任者)のブノワ・フヨンは、「第4四半期の結果は、当社の転換期であり、確固 たる基盤と幅広いソリューションを提供するプラットフォームにより、2019年は飛躍的発展があると見込んでお ります」と述べています。

2018年第4四半期 ビジネスハイライト

  • 新たなソリューションにおける TAC を除く実質売上高は、全事業の 13%超を占め、前年同期比 54%増となりました。
  • 既存クライアントの TAC を除く実質売上高 3 は、当業界に逆風が吹いているにも関わらず、為替変 動の影響を除くと前年同期比で横ばいとなりました。
  • 顧客数は、当期末時点で前年同期比 7%増の 19,500 以上となり、顧客維持率は全ソリューシ ョンを合わせると 90%近い水準を維持しました。
  • モバイルアプリ内広告事業は TAC を除く実質売上高が前年同期比 54%増となりました。
  • 2つ以上の当社ソリューションを導入する顧客の割合は、前年の 4%から 13%に増加しました。
  • 当社のヘッダー入札技術である Criteo Direct Bidder(クリテオ・ダイレクト・ビッダー)は、約 3,500 社の大手パブリッシャーに連携しています。(第 3 四半期は 2,600 社でした。)

1 為替変動の影響を除くベースでの増加率は、2017 年の該当期間の平均為替レートを 2018 年の数値に適用して算出しています。
2 TAC を除いた実質売上高、調整後 EBITDA、希薄化後 1 株当たり調整純利益およびフリー・キャッシュフローは、米国一般会計原則 (GAAP)に従って計算された指標ではありません。
3 既存クライアントの TAC を除く実質売上高は、前年同四半期に当社と取引があり、その翌年の同四半期も当社と取引が続いているクライア ントによる TAC を除く実質売上高です。

※本資料は、Criteo より 2019 年 2 月 13 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。
※本リリースの全文は英文資料をご参照ください。