Stella Fietsen

効率性の追求

Stella Fietsenは、自転車の数が住民の数を上回る国・オランダでビジネスを展開する電動自転車メーカーの大手です。

オランダの電動自転車の市場規模は決して小さいものではなく、全国で販売される自転車の約3割が電動自転車です。Stella Fietsenは著名ブランドと競合しながらも、わずか10年足らずで業界屈指のブランドへと大きな成長を遂げました。そしてさらなる成長を目指し、同社は次に進むべき道を探ることにしました。

Stella Fietsenでオンライン広告スペシャリストを務めるパスカル・デ・ボッド(Pascal de Bodt)氏は、「ダイナミックリターゲティングを活用してリードを生成する方法を探っていました」と話します。効率的なソリューションを使えば、Stella Fietsenのマーケティングチームは時間とリソースをより有効に活用することができます。それにはまず、適切なパートナーを見つける必要がありました。

リターゲティングパートナー探し

Stella Fietsenは当初、別のリターゲターと提携していましたが、ソリューションの効率性を評価するために、Criteoダイナミックリターゲティングと他社のリターゲティングソリューションとの直接比較テストを実施しました。

その結果、より高いパフォーマンスを発揮したのがCriteoソリューションでした。そこで、同社はCriteo Dynamic Retargetingの正式な採用を決定したのです。

デ・ボッド氏は次のように話します。「Criteoのソリューションを採用したことによって、購入意欲が高く、極めて関連性の高い顧客にリーチすることが可能に。さらに、Criteoのアカウントストラテジストが丁寧にサポートしてくれたおかげで、確実にビジネスゴールを達成することができました」。

Criteoとのパートナーシップで得られる最大のメリットは、お客様専属のアカウントストラテジストによるサポートが得られることです。こうしたサービスは、同社が以前提携していたリターゲターにはないものでした。また、Criteoの自動化機能は作業の効率化にも大いに役立ちました。

その成果は?

CPA(顧客獲得単価)は、以前のリターゲティングツールに比べて30%も低減しました。さらに、ラストクリックによるコンバージョンも増加しました。

「当社が最も重視しているのは効率性です。Criteoを採用したことによって、コンバージョンを犠牲にすることなく、CPAを低く抑えることができました。今回の成果はCriteoとの連携ならではのものと言えるでしょう」とデ・ボッド氏は話しています。

キャンペーンの成功を受けて、Stella Fietsenでは今後、Criteoの認知、検討、コンバージョン段階向けのソリューションも活用し、ショッピングジャーニーのあらゆる段階でデバイスを横断したエンゲージメント獲得を目指すことにしています。

Criteoリターゲティングソリューションの仕組みについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

-30%

CPA低減