2019年08月09日
共有する

Criteo API,ADEBiSと連携~分析業務の効率化と施策効果の最大化をサポート

ADEBiS上でCriteoの広告データ自動取得が可能に

Criteoではこのほど、株式会社イルグルムが運営するマーケティングプラットフォーム「ADEBiS(以下、アドエビス)」とCriteo Marketing APIとの連携を完了いたしましたので、お知らせします。今回の連携により、アドエビス上でCriteoの広告データの取得が可能となり、より多くの皆様にCriteoのデータや機能をご利用いただけることになりました。

アドエビス上で集約されたCriteoの広告データはダッシュボードに反映されるため、CPAやROASといった主要指標の進捗状況やコスト消化状況、月末時点の着地見込みなどを日次で確認することができます。そのため、データの集計や加工にかかっていた時間を大幅に短縮できるだけでなく、状況を視覚的に把握できるようになります。

Criteo Marketing APIとは?

Criteo Marketing API は、お客様所有のデータベースを Criteo と同期させるための機能です。Criteo Marketing APIを使うことにより、カスタムダッシュボードやアナリティクスツールをCriteoと連携させることができるため、お客様はCriteoの広告データをいつでも簡単に取り出し、既存システムに統合することができます。APIの主な機能は以下のとおりです。

  • ポートフォリオにあるすべてのアカウントの取得
  • 広告キャンペーンのCPCとキャンペーンカテゴリーの管理
  • キャンペーン情報の取得
  • オーディエンスの管理
  • オーディエンスの識別子の大規模なアップロード
  • キャンペーンのパフォーマンス統計情報の取得

Criteo Marketing APIを始めるには?

Criteo Marketing APIを使用するには、まずCriteoマネージメントセンターのインターフェースで新しいAPIユーザを作成しておく必要があります。APIユーザの作成方法については、「はじめに」をご確認ください

また、Criteo Marketing APIを使用する際には、[client_id] および [client_secret] の2つのパラメータを用い、エンドポイントに接続する必要があります。これらはCriteoマネージメントセンタープラットフォームのログインに使用する認証情報と同じものです。Criteo Marketing APIには、https://api.criteo.com/marketingからアクセスできます。

  • Client_id = お使いのEメールアドレス
  • Client_secret = マネージメントセンターのパスワード

もしくは、独自のclient_idとclient_secretを使って専用のAPIユーザを作成することも可能です。

なお、御社にプログラマーが不在の場合は、ご自身でのセットアップはお控えください。 Criteo Marketing API を始めるには、Web API を使用するためのプログラマーとしての経験が必要です。御社にプログラマーが不在の場合は、ご自身でのセットアップはお控えください。

「売上2倍増のCriteo活用事例顧客獲得を頭打ちさせる”CPA評価からの脱却”」のレポートはこちらからご確認頂けます。