ニュース


並べ替え
記事紹介

モバイルを介した購買活動は実際どこまで浸透しているのか?【Criteo調べ】

CRITEO株式会社(本社:フランス)は、2017年第4四半期のグローバル・コマース調査の分析結果を発表した。

記事紹介

Criteo社が2017年第4四半期と通期の決算について公表

Criteo社は、第4 四半期と通期の決算の内容を取りまとめ公表した。

記事紹介

Criteo、2017年第4四半期および通期の業績を発表

コマースマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年12月31日を末日とする2017年第4四半期と通期の決算を発表しました。

記事紹介

なぜ広告会社はChromeに好意的である一方で、Safariには否定的なのか?

2018年2月、Googleは「煩わしい広告を自動的に表示しないようにする機能をChromeに実装する」と発表しました。また、AppleのSafariにもウェブ広告の表示を妨げる機能が実装されています。

記事紹介

ダイナミック広告の定番「Criteo」で高い成果を挙げる方法 (1/2)

今回はダイナミック広告の定番「Criteo」を取り上げ、データフィードとタグを活用して高い成果を挙げるためのヒントを紹介します。

記事紹介

Criteo、マーケットプレイスの個人店舗がリターゲティング広告を配信できる新サービス

1月末に日本における2018年事業戦略を発表したリターゲティング広告事業者のCriteo。同社は2月1日に、日本や台湾、インド、オーストラリアなど、アジア太平洋地域(APAC)メディア向けのプレスカンファレンスをべトナム・ダナンで開催。その中で、マーケットプレイス向けの新サービス「Criteoリセラープログラム」の提供を開始したことを発表した。

記事紹介

CRITEO小野さん、アレックスさんに聞く:Commerce Marketing Ecosystem で巨大な経済圏データを活かし勝負をかける

クッキーベースからIDベース、人ベースのデータを活用したマーケティングへの移行については、昨年から業界では大きな話題になってきました。各大手グローバルプラットフォーマーが着々と準備を進める中、リターゲティング広告で急成長し、大手の一角を担う CRITEO も、昨年末に今後の方向性を示す新構想を打ち出してきました。CRITEO株式会社の小野さん、アレックスさんのお二人に、詳しくお話を伺いました。

記事紹介

Yahooが導入し69%売上増加!『Criteoリセラープログラム』 のAPIを提供開始

Criteo株式会社(以下「Criteo」)は、『Criteoリセラープログラム』のAPI提供を開始したことを発表した。

記事紹介

先週のアドテクシーン:ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始

Criteoは、アジア太平洋地域に向けて「Criteoリセラープログラム」のAPI提供を開始したことを発表した。自社のマーケットプレイス上で、興味、関心に合わせたレコメンデーション広告を配信するCriteoダイナミックリターゲティングを、個々のセラーに展開または再販可能となった。

記事紹介

Criteoが2018年の事業戦略を発表、「リタゲ」から「フルファネル」へサービス内容を拡張 (1/2)

Criteoは2018年1月25日、記者向けに2018年度事業戦略説明会を開催。市場環境と事業戦略、今後注力していく新商品とその背景となるテクノロジーについて説明した。