ニュース


並べ替え
記事紹介

ユーザーの「同意獲得」にあがく、リタゲ業者の苦悩:欧州 GDPR 施行を控え

リターゲティング広告業者たちは、大きな変化の到来に備えようと必至だ。

EUにおける一般データ保護規則(GDPR)が5月には施行され、AppleもSafariブラウザにおける広告トラッキング対策を強化しつつある。そのため、リターゲティング広告を利用者たちは必至になって、ユーザーからの同意を得ようとしている。

記事紹介

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法 (1/2)

企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が注目されています。本連載ではその最新トレンドを紹介したいと思います。

記事紹介

2018年に注目すべきEC・デジタルマーケティングのトレンドまとめ[Criteo発表]

ディスプレー広告の配信ネットワークを提供するCriteoは1月10日、2018年に注目すべきECのマーケティングトレンドをまとめた「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」を公表した。

記事紹介

18年ECトレンド、「音声ショッピング」に注目…Criteo調査

仏のマーケティング関連企業Criteo S.A.がこのほど発表した「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートによると、18年に注目すべきコマースマーケティングトレンドとして「音声ショッピングの台頭」「ソーシャルコマースの相関性」などのキーワードが挙げられた。

記事紹介

Criteo、2018年のデジタルコマース&マーケティングの展望を発表

 パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.は、「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートを発表した。

記事紹介

モバイル上で売れてる商品カテゴリー発表/北東アジアのEC取引、8割がモバイルに【Criteo調査】

Criteoは、2017年第3四半期のグローバル・コマース調査の分析結果を発表した。同調査は、様々なデバイス上でブラウザやアプリを使い分けながらオンライン・ショッピングを行う、日本並びに世界の消費者の実態を調べたもの。

記事紹介

Criteo、最新のグローバル・コマース調査の分析結果を発表

コマースマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年第3四半期のグローバル・コマース調査の分析結果を発表しました。

記事紹介

PC経由購入の3割「モバイルで見てPCで買う」――ECで使うデバイスの傾向は?

リターゲティング広告プラットフォームなどを提供しているCriteoは12月6日、オンラインショッピングにおけるデバイスの利用状況などをまとめた「グローバルコマース調査レポート」(2017年第3四半期)を公表、パソコンを使ってオンラインショッピングをしたユーザーの約3割が購入前に別のモバイルデバイスで商品を閲覧していることなどを明らかにした。

記事紹介

年末商戦、ピークはいつ?/35%がクロスデバイスでCV【Criteo調査】

Criteoは、日本の小売業者に関するCriteoのデータセットを活用し、年末商戦のトレンドレポートを発表した。レポートでは、年末商戦におけるサイト訪問数とサイトコンバージョン、クロスデバイスでのコンバージョンの状況などが明らかになっている。

記事紹介

Criteoがマーケティングエコシステム「CME」展開、月間12億のユーザーデータが基盤

デジタルマーケティングソリューションのフランスCriteo(クリテオ)は、オープンなマーケティングエコシステム構想「Criteo Commerce Marketing Ecosystem(クリテオコマースマーケティングエコシステム)=CME」を展開する、と11月16日発表した。月間12億のオンラインユーザーのデータを基盤にする。参加企業は、自社で獲得するより膨大なユーザーの行動データ分析結果を基に、最適な購買体験を顧客に提供できる。広告技術分野では、多くの事業者が提供するさまざまなサービスをつなげ、新たな付加価値を生み出す構造をエコシステムと呼ぶ。