ニュース


並べ替え
記事紹介

ECサイトの売り上げ、スマートフォンは+9%でPCは-9%【Criteo調査】

コマースマーケティングのテクノロジー企業であるCRITEOは、2018年第1四半期のグローバル・コマースレビューの分析結果を発表した。

記事紹介

ゴールデンウィーク前後のトレンドを掴んで効率的な対策を【CRITEO社調べ】

コマースマーケティングのCRITEO株式会社(本社:フランス)が「2018年度 ゴールデンウィーク トレンドレポート」を発表している。このレポートは、大型連休前後における日本人のオンライン上の購買傾向を掴むことを目的とし国内172社を対象に、2017年4月3日から4月30日におけるオンライン上の売上動向について調査したものとなる。

記事紹介

ゴールデンウイーク前後における日本人のオンライン購買行動はこうなる──Criteo調査

Criteoは、大型連休前後の日本人のオンライン購買傾向をまとめた「2018年度 ゴールデンウイークトレンドレポート」を発表しました。

記事紹介

Criteo、2018年度 ゴールデンウィークトレンドレポート

このレポートは、大型連休前後における日本人のオンライン上の購買傾向を掴むことを目的に、国内172社を対象に、2017年4月3日から4月30日におけるオンライン上の売上動向について調査したものです。

記事紹介

圧倒的なCXを顧客に提供するためのビッグデータ活用のポイントは「共有」

2月19~20日に都内で開催されたガートナー ジャパン主催のイベント「カスタマー・エクスペリエンス サミット 2018」では、CRITEO 国内セールス部門統括 コマーシャル・ディレクター 小野良一氏が、「顧客の購買体験を最大化する『データ共有』とは」というテーマで講演を行った。

記事紹介

モバイル売上シェアが高い業界は「健康/美容」、日本でモバイルWebの利用拡大

Criteoはこのほど「グローバルコマース調査レポート」(2017年第4四半期)を公表、日本における2017年第4四半期のモバイル売上(アプリを除く)が前年同期比13%増加したことや、モバイル売上シェアが高い業界は「健康/美容」であることなどを明らかにした。

記事紹介

VOYAGE GROUP、SSP「fluct」がDSP「Criteo」とメディア/アプリにおいて動画広告RTB取引を開始

VOYAGE GROUP<3688>の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開するfluctは、SSP「fluct」において、ディスプレイ広告のRTB取引)を強化するため、連携しているコマースマーケティングのテクノロジー企業であるCRITEOが提供するDSPと、アジアにおけるSSPとして初めて、Webメディア及びアプリにおける動画広告RTB取引を開始した。

記事紹介

SSP「fluct」、DSP「Criteo」とメディア・アプリにおける動画広告RTB取引を開始

fluctは、同社が提供するSSP「fluct」において、ディスプレイ広告のRTB取引を強化する目的で、CRITEOが提供するDSPとWebメディアおよびアプリにおける動画広告RTB取引を開始した。

記事紹介

[2018年]押さえておくべきECマーケティング8つのトレンド

2018年に押さえるべきECトレンドは、「動画」「音声ショッピング」「ソーシャルコマース」「データ連係」「オフラインからオンライン」「商品情報最適化」「データ管理」「パートナー連携」

記事紹介

世界でのEC購入、半数がアプリから…CRITEO調査

モバイル売上の65%がアプリ経由の小売事業者も