Cdiscount 動画広告で製品認知度30%アップ

30%
認知度向上率
79%
ビューアビリティ率
41%
動画視聴継続率(VDR)

Cdiscountは、母国フランスだけでなく国際的に知られるeコマース大手です。広く支持を集める同ブランドのウェブサイトには、フランスの人口の3分の1が毎月アクセスしています。提供する製品は6千万を超え、店頭に並ばない品揃えで知られる一枚岩の業者ですが、長年にわたって新たなサービスへの拡張にも力を入れています。

新サービスには、エネルギーや携帯電話、レジャー、旅行、チケットサービスなどがあります。今日の目まぐるしく変化するエコシステムでのポートフォリオ拡大することは、競合他社とは一線を画し、顧客により多くの価値を提供することにつながります。しかし、主に小売で知られている同社が新しく始めた旅行業Cdiscount Voyagesへの認知度を高めるには、何か新しいことが必要でした。

目で、耳で、動きで

顧客の心に触れるCdiscount

Cdiscountはすでにローワーファネルでのコンバージョン・キャンペーンでCriteoを利用し、優れた実績を達成していました。Cdiscount Voyagesの認知に向けたキャンペーンでも、新作動画を使ったソリューションを試すにあたって、再びチームを組むという決断は容易でした。

Cdiscountのブランディング・メディア・ソーシャルメディア責任者フローラン・ギベール(Florent Guibert)は、「今回のキャンペーンにCriteoを選んだのは、多くのウェブサーファーや消費者の中から旅行好きなターゲットに正確に狙いを定めるためです。また、旅行という商材に動画を活用した戦略を採用することで、従来のメディアではメッセージを届けにくい視聴者にもリーチすることができました。」と語っています。

Cdiscountは、エンゲージメントの獲得にもなるような認知度向上キャンペーンを求めていました。Criteoは、過去にエンゲージしたオーディエンスをリターゲティングすることに加え、オープン・インターネット上のプレミアム・パブリッシャー全体の中から、旅行意向を持つ質の高い視聴者をターゲットとすることで、これを達成を支援しました。

ギベール氏は更に「Criteoの動画ソリューションにより更に多くの視聴者にリーチできただけでなく、TVや動画ですでに接していたこれまでの視聴者にも再度狙いを定め、わが社の動画の企画に対する認知度を高め、繰り返し利用していただけるようにしています。」と詳しく述べています。「e-マーチャントという者は常にブランディングとパフォーマンスの狭間で揺れ動くものです。…この種の動画フォーマットでCriteoが私たちに提供してくれたソリューションは、この二つを両立させ、認知度の向上で最初に想起されるブランドとなる目的と同時に、Cdiscount Voyages業務にとっての実績とトラフィックをも追及できるようにしてくれました。」

スケールアップの成功

動画で認知度を向上させるCriteoのソリューションを用いて、Cdiscountの最初の試みは成功を収めました。ギベール氏は、「キャンペーンの後では、動画に触れた人々に認知度が30%以上も上がりました。」と語っています。

CdiscoutとCriteoは、こうした成功例を今後Cdiscountが顧客に新しいサービスを開発する際にも再現していきたいと考えています。

「CriteoとCdiscountの関係はとても良好です…私たちには共通の文化、そしてDNAがあります。これは、実証実験(Proof of Concept)であろうと、より長期的なソリューションであろうと、私たちの関係性と発展を促してくれます。」

今後の展開について、ギベール氏はこう述べています。「動画という形式によるトライアルの結果を受けて、このパートナーシップを発展させ、議論を重ねて新しいソリューションを模索していくことが待ち遠しくなります。非常に楽しみです。単にソリューションを採用してコンテンツを詰め込むだけでは…共に作り上げていくということなのですから。」

Criteoとともに、御社のビジネスに新たな成功事例を生み出しませんか?

Criteoの活用を、ぜひご検討ください。