ショッピングシーズンのピークを最大限に活用するための3つのヒント

2020年11月21日

2020年はどの企業にとっても予想不可能な1年でした。しかし、年末が近づくにつれ、人々の購買意欲は高まりつつあります。このほど、Criteoでは数千人の消費者を対象にアンケートを実施ました。その回答結果からは、いくつかの重要な事実が明らかになりました。消費者の多くがホリデーシーズンにプレゼントの購入を予定しており、そのショッピングを楽しみにしています。本ブログでは、米国と欧州のデータに基づくインサイトを通じて明らかになった、重要なポイントを3つ、ご紹介します。いずれも2020年のショッピングシーズンのピークに売上を最大化するために、マーケターなら誰もが押さえておきたいポイントばかりです。

マーケティングキャンペーンのスタートは早めに

オンラインショッピングが盛んになればなるほど、その分、競争も激化します。しかし、競争は新規顧客獲得やロイヤルティ向上のチャンスでもあります。ホリデーシーズンのキャンペーンを早くスタートさせれば、より多くのチャンスが手に入れられるはずです。

Criteoの調査では米国の消費者の約10人に6人、欧州では約2人に1人が、お気に入りのショップから早期割引のオファーが届けば、ブラックフライデーを待たずにプレゼントを購入すると回答しています。1 人々は例年よりも早い時期からプレゼントを探し始めているので、早めにプロモーションを始めれば彼らにアプローチできる可能性が高くなります。

調査では、COVID-19の影響で米国でも欧州でも、Z世代やミレニアル世代の若者たちの多く(米国:18%、欧州:26%)が経済的に影響を受けたことが明らかになりました。しかし、経済の先行きが見通せない今の状況においても、この世代の若者たちはショッピング意欲が旺盛です。今年、人々は例年より早い時期からウェブサイトやアプリでホリデー気分のショッピングを楽しみ始めるので、広告キャンペーンを早くスタートさせることが、かつてないほど重要になります。

すぐにオンラインとオフライン双方でセールを計画し、なるべく早い時期から、できる限り多くの買い物客を呼び込んでください。オンラインと実店舗、双方の買い物客に向けて広告キャンペーンを展開し、オンラインの買い物客には早期のプロモーションを、実店舗の買い物客には安全対策の徹底をアピールしましょう。彼らがホリデーシーズンのショッピングを半分(もしくは完全に)終えるまで待っていてはいけません。「今すぐ買いたい!」という意欲を掻き立てながら、彼らが購入しやすい状況を作り出しましょう。

シームレスなEコマース体験を提供する

店舗が営業をしているか否かを問わず、今シーズンほとんどの消費者がオンラインショッピングの割合を増やすことが予想されます。同じくCriteoの調査によると、米国では64%、欧州では48%の消費者が、実店舗よりもオンラインでショッピングするほうが快適だと回答しています。また、米国では41%、欧州では33%の消費者が、今の方が4か月前に比べて実店舗でのショッピングが快適になったと回答しています。

世代に関わらず、すべての顧客が迅速かつ無料の配送サービスと、返品方法に関するより多くの選択肢を求めています。競合他社から抜きん出るためには、ウェブサイトやアプリでより優れた選択肢を提供することが重要になります。既存顧客の満足度を維持するための特別なホームデリバリーサービスを提供し、消費者が競合他社の配送オプションに不満をもったときにコンバージョンを促進しましょう。

また、今シーズンのキャンペーンで成功を納めるには、他の小売業者が展開するプロモーションに上手く便乗することも大切です。先日のAmazonプライムデーの売上不振の売上不振の反動で、ブラックフライデーとサイバーマンデーが今シーズンの売上のピークになると予想されています。送料無料サービスや刺激的なプロモーションとともに広告投資を拡大すれば、ブラックフライデーやサイバーマンデーのハロー効果による恩恵を受けることができます。アプリやウェブサイトの売り上げを伸ばし、2020年を前向きな気持で締めくくりましょう。

消費者の最新のトレンドを把握する

予測不可能な今年のショッピングシーズンを切り抜けるカギは、データドリブンなキャンペーンを展開して買い物客とのつながりを構築することです。例年に増して多くの消費者がオンラインでショッピングする今年の第4四半期は、新規顧客を獲得してロイヤルティを向上させるには絶好のチャンスです。

量販店や小規模企業も、直販(DTC)ブランドも、ホリデーシーズンのプレゼントを探す消費者から最大限の価値を引き出しましょう。先行きが見えないからという理由で広告配信を停止しているとしたら、今こそ、キャンペーンを再開すべきときです。ここで再開すれば、今年最大の売上を第4四半期に達成できるはずです。キャンペーンでは、オンラインショッピングのトレンドに関するデータを活用して、ターゲティングすることが重要です。世界20カ国の600の商品カテゴリーに関する2019年~2020年のデータを確認できるCriteoのHoliday Product Finderを、ぜひご活用ください。

さらに、消費者の購入意欲に関するデータの活用も、これまで以上に重要です。Criteoはユーザーのリアルタイムの閲覧・購入履歴を分析することで、彼らのショッピングジャーニーや購入意欲を把握しています。最も困難な状況が続くこの時期においても、Criteoは25億人のアクティブなオンライン買い物客と、年間9,000億ドルのEコマース取引、および買い物客1人につき120以上の購入意欲に関するシグナルから得られたインサイトをもとに、形態・規模を問わずあらゆる企業が最適な顧客の発見、購入意欲の高い買い物客へのリーチ、満足度の高い顧客体験を提供できるようにサポートしています。

消費者は今年のホリデーシーズンにすばらしい体験ができることを期待しています。COVID-19の影響が続く困難な状況だからこそ、人々はプレゼントやお祝い事で一年を締めくくりたいと思っているのです。ホリデーシーズンの買い物客への対応に万全を期し、プレゼントはすべて御社の商品で揃えてもらえるよう、サポートしていきましょう。

消費者や彼らの購入意欲、および今シーズンのトレンドについての詳細は、ホリデーギフトに関する調査レポート 2020をダウンロードしてお読みください。

ホリデーシーズン調査、Criteo、欧州(フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポーランド、ロシア、スペイン、英国)、2020年8月~9月、回答者数:9,250人

2Criteoのアンケート「新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大のピークから回復期へ」、米国、2020年5月13日~29日、回答者数:1,365人Criteoのアンケート「新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大のピークから回復期へ」、ヨーロッパ、中東、アフリカ、2020年5月13日~6月18日、回答者数:1万397人

Criteoのインタラクティブダッシュボードでホリデーシーズンの売上推移を確認しましょう。

ゴールを成果に転換するには?

サイトトラフィックや売上を増やし、アプリのインストールを加速させたいですか?Criteoには、あらゆるビジネスゴールの達成をサポートするソリューションが揃っています。