[動画] 「注目のサプライパートナー」シリーズ: IBM Watson Advertising

2021年05月24日

IBM Watson Advertisingは、アドテク業界きってのプログラマティック広告チームとして、高品質かつ多様なプログラマティックソリューションを広告主に提供しています。同チームでは、コスト重視のパフォーマンスドリブンの広告主や、優先取引によってキャンペーンポートフォリオ全体の自動化を目指す広告主など、さまざまな目的達成を支援する態勢を整えています。

この「注目のサプライパートナー」動画シリーズの最新エピソードでは、IBM Watson Advertisingのプログラマティック広告パートナーシップ戦略担当責任者であるAmanda Dean氏が、広告主によるスマートな意思決定や広告のインパクトの最大化を支援するツールについて紹介しています。

IBMが提供する天気予報サイト/アプリ「The Weather Channel」では、ブランドセーフティが確保された環境内でアクティブユーザーにエンゲージすることができます。そのリーチの範囲は米国内だけでも1億2,500万人のユニークユーザー、世界全体では2億5,000万人を超えています。Weather.comとWUnderground.comは、目的のオーディエンスへのリーチと成果の創出を加速する、信頼性に優れた強力なツールです。 IBM Watson Advertisingが提供する最先端のAIソリューションについて、詳しくはhttps://www.ibm.com/watson-advertisingをご確認ください。.

IBM Watson AdvertisingのWeather Targetingでは、天気が人間の感情や行動に与える影響力にIBMのAI機能を組み合わせ、アルゴリズムのモデリングとトレーニングを行っています。そして、気象情報と地理情報、さらに健康状態や商品の売上状況、消費者行動などの複合データセットとを結びつけて、実用的かつ効果が実証済みのソリューションを実現しています。つまり、もはやサードパーティ

IBM Watson Advertisingとの連携や、サービスについての詳細をご希望のCriteoのクライアントのお客様は、担当のアカウントストラテジストまでお気軽にお問い合わせください。

ゴールを成果に転換するには?

サイトトラフィックや売上を増やし、アプリのインストールを加速させたいですか?Criteoには、あらゆるビジネスゴールの達成をサポートするソリューションが揃っています。