Criteo✕ YahooJAPAN の相乗効果で、より有意義な広告配信を

既にご存じの方もこのほどCriteoでは、従来のリターゲティングソリューションに加え、検討層向けソリューション及びモバイルアプリソリューションについてもYahoo!JAPANでの配信を開始いたしましたので、お知らせします。

CriteoとYahoo!JAPANは2012年に資本・業務協定を締結、以来主にリターゲティング広告においてユーザーやマーケターの皆様が抱える様々な課題の解決に向けて協働を続けて参りましたが、今回、新たに検討層向けソリューションとモバイルアプリソリューションでもYahoo!JAPANへの配信が可能になったことによって、ファネル別ソリューションもしくはフルファネルソリューションにおいても、お客様のデジタルマーケティング施策をサポートすることが可能に。Criteoが誇るAIエンジンとYahoo!JAPANの上質な広告在庫を組み合わせることによって、お客様のKPI目標、マーケティングゴールの達成をより強力かつ柔軟にサポートできるようになりました。

今回の発表についてCriteo日本代表取締役のグレース・フロムは「2020年第1四半期において、当社のリターゲティング製以外の新ソリューションの実質売上(トラフィック獲得コストを除く)は前年比149%と好調な出足を見せており、Criteoはフルファネルソリューションプロバイダーとしても確実に成長し続けています」と述べています。

Yahoo広告に配信できる豊富なソリューション

Yahoo!JAPAN広告に配信が可能なCriteoのソリューションは、以下のとおりです。

(1) Web Consideration

御社のブランドや商品に関心のある顧客が商品の比較・検討しているタイミングにリーチできるソリューションです。

(2) Criteo Customer Acquisition

コンバージョンに繋がりやすい新規顧客にリーチし、自社サイトへの訪問を促します。

(3) Criteo App Install

1stパーティデータを活用して既存の休眠顧客にアプローチし、サイトへの再訪を促すソリューションです。

(4) Criteo Dynamic Retargeting

適切なタイミングでパーソナライズされた広告をウェブ、モバイル、およびソーシャル全体に配信し、購入につなげるソリューションです。

(5) Criteo App Install

Criteo独自のアイデンティティグラフを活用し、御社と類似した商品やアプリを頻繁に利用しているユーザーを、モバイルからデスクトップまであらゆる環境を横断し、特定できるソリューションです。

上記のソリューションは単独ではもちろん、複数のソリューションを組み合わせて活用することも可能です。各ソリューションの詳細や御社の課題解決に最適なソリューションについてお知りになりたい方は、Criteoの担当者もしくは末尾のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

本件についての詳細(プレスリリース)はコチラ

ゴールを成果に転換するには?

サイトトラフィックや売上を増やし、アプリのインストールを加速させたいですか?Criteoには、あらゆるビジネスゴールの達成をサポートするソリューションが揃っています。