理想的なオーディエンスを引き付ける、今日の成長と未来を見据えた顧客獲得戦略

現在、消費者のショッピングジャーニーは複雑化の一途をたどり、新しいブランドや商品を見つける手段はかつてないほど多様化しています。今日の消費者は、オンラインショッピングの利便性を享受しながらも、実店舗でのリアルなショッピング体験も楽しんでいます。新たなインスピレーションを求めてソーシャルメディアでの検索を楽しみつつも、検索エンジンからではなく、商品ページからショッピングジャーニーを始める消費者が増えています。実店舗で気になる新商品をチェックして、最終的にオンラインで購入するのです。

カスタマージャーニーの多様化に対応するために、マーケターは未来の顧客から注目を集め、快適な商品の発見と選択をサポートし、ビジネスの拡大につながるシームレスな体験を提供するための戦略を立てなくてはなりません。

当然のサービスとしてパーソナライズされた情報の提供を期待する消費者は、すでに全体の63%に達しており1、マーケターの35%は「十分なデータ品質を確保できなければ、消費者に適切な広告を配信してターゲティングできなくなる」ことを認識しています2。高度なパーソナライゼーションを最適な顧客体験へと結びつけるためには、あらゆるチャネルを横断してデータを取得・統合し、顧客獲得戦略に高品質なデータを取り入れていく必要があります。

それでは、未来の「お得意様」とつながり、ビジネスに高い価値をもたらす新規オーディエンスを引き付ける、データドリブンの顧客獲得戦略とはどのようなものか、3つのポイントを具体的に見ていきましょう。

ブランドを気に入る可能性のある人とつながる 

マーケターにとってブランド認知度やロイヤルティの向上は、特に目新しい手法ではないかもしれません。しかし、データと最新のAIを駆使したパーソナライズド広告で関連性の高い新規顧客にリーチする際には、次の2つの戦略を重視して検討することが大切です。

1.「お得意様」と類似する買い物客にエンゲージ

データを活用して、興味・関心、ライフスタイル、人口統計といった属性に基づき、既存の顧客と共通点のある消費者にターゲティングします。Criteoの類似性モデリングを用いることで、購入頻度が高い顧客、ロイヤルティクラブの登録メンバー、購入総額が高いユーザーといった、既存の高価値顧客リストをマーケター間で共有することができます。このリストをもとに、共通の特性があり、御社のビジネスの顧客ベースを拡大する可能性のある新規の買い物客を特定することができます。

2. コンテクスチュアル・ターゲティングで関連性の高い買い物客を発見

特定のドメインやコンテンツのカテゴリー、またはキーワードにターゲティングして、サードパーティIDに依存することなく、御社のビジネスと親和性の高い買い物客を発掘します。Criteoでは、ファーストパーティ・データから引き出したインサイトを活用して、マーケターのコンテクスチュアル・ターゲティングの手法を拡充し、購入意欲の高まっている消費者に、関連性の高い環境でリーチできるようにしています。

積極的に検索している「インマーケットな」消費者にエンゲージする 

御社が提供している商品やサービスを積極的に検索している消費者にエンゲージすれば、いつでも真っ先に御社のブランドを思い出してもらえるようになります。高い購入意欲を示している顧客にターゲティングすれば、競合他社よりも早く、御社の商品の購入を検討するようにインスピレーションを刺激して、購入へとつなげることができます。

オープンインターネット上で最大規模のコマースデータセットを構築しているCriteoのファーストパーティ・メディア・ネットワークを活用することで、御社の商品やサービスの購入を熱心に検討しているオーディエンスを特定し、初回購入を促すことが可能です。さらに、Criteoの機械学習機能を使って、ライフサイクルや位置情報、商品のニーズ、好みのブランド、購買力など、幅広いデータに基づく120以上の購買シグナルを分析することによって、オーディエンスを絞り込むこともできます。消費者のショッピングジャーニー全体にわたるインサイトをもとに、購入の可能性が最も高い買い物客にエンゲージできる、Criteoならではの機能です。

試行錯誤をやめない 

キャンペーンの結果から学習したことを活かし、高パフォーマンスのオーディエンスセグメントを探し出しましょう。ターゲティング対象の属性や興味・関心、またその組み合わせを変えて試してみることをお勧めします。オールウェイズオンの顧客拡大戦略を実施して、定期的に新規顧客をキャンペーンのファネルに引き込めば、御社の商品やサービスに強い購入意欲と興味・関心を示している買い物客に常にエンゲージできるようになります。

見込み顧客を発掘するCriteoの自動機能を使って、すでに御社ブランドへの関心が高まっているインマーケットな新規の買い物客を発掘しましょう。Criteoのオーディエンスエクスプローラーでは、既存の「お得意様」を分析し、御社のビジネスと親和性の高いオーディエンスを提案することもできます。

たとえば、コスメ専門デパートのSephora Germanyは、見込み顧客のオーディエンスに焦点を当てたCriteoのソリューションを導入してキャンペーンを開始し、既存のウェブサイト訪問者と興味・関心、親和性、人口統計の属性が共通する新規顧客を特定してエンゲージしました。その結果、Criteoのオーディエンスソリューションは720万人のユニークビジターを生み出し、リターゲティングキャンペーン全体で売上25%増を達成しました。

1日単位で価値を拡大 

広告配信の環境がますます消費者中心になるにつれて、これまで以上にデータドリブンな顧客獲得戦略が求められるようになっています。オープンインターネット上で最大規模を誇るCriteoの強固なコマースデータセットは、より関連性の高い顧客をすぐに獲得して、未来を見据えた1対1のパーソナライゼーションに取り組むマーケターの活動をサポートします。

同じシリーズの記事を読む:


新規顧客を獲得し、ビジネスを成長させる準備はできていますか?

こちらにアクセスして、新規顧客獲得戦略について、Criteo がサポートできるポイントをご確認ください。
Criteo 営業担当からソリューションの詳細説明をご希望の方は、以下のフォームにご連絡先をお知らせください。
折り返し、Criteoの営業担当者よりご連絡差し上げます。

1Bluecore, The One and Done Buyer Problem 
2Forrester, Why Marketers Can’t Ignore Data Quality