プレスリリース

「Criteo リテールメディア」が、「au PAY マーケット」に国内初導入

コマースメディア・プラットフォームで世界をリードするグローバルなテクノロジー企業であるCriteo (クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、auコマース&ライフ株式会社(以下 auCL)がKDDIと共同運営する総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」に、日本で初めて「Criteoリテールメディア(小売業向け)」ソリューションが導入されたことを発表しました。これにより、au PAY マーケットのサイトの収益性の拡大に貢献するだけでなく、ファーストパーティ・データの活用によってau PAY マーケットのユーザーには、より興味関心の高い広告を通じた最適なオンラインショッピング体験を、au PAY マーケットに広告を出稿するブランド広告主にとっては、より購買意欲の高い消費者とのエンゲージメントの機会が拡大されます。

コロナ禍での巣ごもり需要の拡大を受け、Eコマースの売り上げは、堅調な成長を見せています。日本国内のB to C-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、2020年では前年比0.43%増の19兆2,799憶円に拡大しています1。2021年時点で日本は中国に次いでアジアで2番目の売上高を誇るEコマース市場です2。Eコマース市場の発展により価格競争が激しくなる中、小売業者およびブランド広告主は新たな収益源を模索しています。

そこで近年、小売業者のサイトやアプリで表示されるブランド出資の広告スペースを活用する新たなビジネスモデルであるリテールメディアが注目されています。リテールメディアは、検索連動型広告やSNS広告に次ぐ、新しいデジタル広告市場としての成長が期待されており、eMarketerによると、今年2022年に米国のリテールメディアは前年比の31.4%増の成長率を記録し、2023年には、米国における全てのデジタル広告費用の約20%をリテールメディアが占めると予測されています。3こうした需要をうけ、Criteo リテールメディア事業も100 社以上のグローバルな小売業者、5 大持ち株会社を含む 120 社以上の代理店パートナー、1,000 以上のブランドへとリーチを拡大しています。

「Criteoリテールメディア」は、サードパーティ・クッキーに頼ることなく適切なオーディエンスを特定し、Criteo が誇る業界トップレベルの機械学習テクノロジーと AI 機能を駆使してユーザーのコンテキストに即した関連性の高い広告を配信することで、最適なオンラインショッピング体験を継続して提供していきます。

auコマース&ライフ株式会社のメディア・プロモーション部 岡村茉亜沙氏は次のように述べています。「リテールメディアを成功させるためには、ファーストパーティ・データの分析と活用だけでなく、成果の可視化が重要となります。そのためファーストパーティ・データや高度なAIエンジンの活用、より透明性のあるレポーティング機能を備えたソリューションを提供できるテクノロジー企業と提携することを検討していました。その点においてグローバルにリテールメディアの実績があるCriteoに魅力を感じていました。また、従来よりリテールメディアに注力してきた『au PAY マーケット』では、リテールメディアの成果をしっかりと分析するために、キャンペーンのレポーティングに改善の余地があると考えていました。『Criteoリテールメディア』を導入したことにより、全てのコンバージョンをリスト化し、広告として表示されたSKU(Stock Keeping Unit/最小管理単位)、即時購入されたSKU、広告表示から購入までの経過時間などの記録も含めたより詳細なレポート分析が可能となり、確かな手ごたえを感じています」

CriteoのAPAC地区のリテールメディア担当マネージングディレクターである藤中太郎は次のように述べています。「クッキーに頼らないアドレサビリティが重要になってくるこれからの時代に向けて、小売業者およびブランドのマネタイゼーションをより一層支援するリテールメディアは、今後ますます重要な役割を担います。Criteoは10年以上にわたるリテールメディア事業の経験を有し、400人以上のリテールメディアプラットフォーム専門チームおよび110人以上のエンジニアを抱え、グローバルでは既に20か国以上で『Criteoリテールメディア』が導入されています。今回の『au PAY マーケット』への導入は、その豊富な経験値と実績を裏付けるものであると大変光栄に思っています。今後もCriteoはリテールメディアのオープンなエコシステムにおいて、小売業者およびブランド広告主による収益の拡大、快適なユーザーエクスペリエンスの提供といった、三者それぞれにメリットをもたらすプラットフォームの構築に貢献してまいります」

  1. e-marketer 2020,
  2. e-marketer, August 19, 2021
  3. e-marketer Oct, 2021

Criteo (クリテオ) について

Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界をリードするコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルテクノロジー企業です。およそ2,800名のCriteoチームメンバーは、世界の22,000人以上のマーケターと数千人以上のメディアオーナーと提携して、世界最大級のコマースデータセットをアクティブ化し、より良いコマースの成果を推進しています。Criteoは、新たな発見、イノベーションの実現、より豊富な選択肢を可能にする、公正でオープンなインターネットを支持しながら、信頼性に優れたインパクトのある広告を強化することで、すべての消費者に豊かな体験をもたらします。 ※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/

■「au PAY マーケット」について■

au PAY マーケット」は、auに限らず、すべてのお客さまにご利用いただける総合ショッピングサイトです。

Pontaポイントの還元率が最大16%までアップする「お買い物特典プログラム」、Pontaポイントを「au PAY マーケット」のお買い物限定ポイントに1.5倍増量できる「お得なポイント交換所」、生放送の商品紹介で視聴者と出演者が双方向にコミュニケーションできる「ライブTV」、レストラン・美容・宿泊などが利用できる「コト体験」などでお買い物をおトクにお楽しみいただけます。

最新ニュース

その他のニュース

プレスリリース
Criteo

リテールメディアのエコシステムを拡充する 「Criteoリテールメディア・プラットフォーム」、 ドラッグストア最大手ウエルシアが導入へ

詳細
プレスリリース
Criteo

Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージ配信を可能にするソリューション “レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”を正式ローンチ

詳細
プレスリリース
Criteo

Criteo、リテールメディア業界のイノベーターであるメラニー・ジマーマンを グローバルリテールメディア部門責任者に任命

詳細
プレスリリース
Criteo

Criteo、「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用と その影響に関する意識調査」を発表

詳細
プレスリリース
Criteo

Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージ配信を可能にするソリューション “レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”で 新たにサイバーエージェントと共同開発、サービス提供開始

詳細
プレスリリース
Criteo

Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージの配信を可能にするソリューション“レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”ベータ版を発表

詳細