Criteoでは、2021年2月4日、Criteo Certified Partnersに認定されている日本国内の代理店様を対象にしたCriteo Agency Award Ceremony 2021を開催いたしました。今年は新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、オンラインでの開催となりましたが、多くの皆様にご参加いただき、盛会のうちに終えることができました。この場を借りて御礼申し上げますとともに、当日の概要について簡単にご報告させていただきます。

会の冒頭では、Criteoのエージェンシーセールス部門のマネージャーを務める中村 祐介が、開会のご挨拶として、「2020年はコロナで大変な年だったが、そんな中にあっても皆様のご協力のもと、Criteoではいくつかの新規プロダクトをリリースでき、後半は売り上げを大きく伸ばすことができた。今年も引き続き新しい挑戦を続け、皆様のビジネスゴールの達成を力強くサポートできる存在であり続けたい」と決意を述べました。

2020年の振り返りと新代理店制度について

続いて、Criteoのエージェンシーセールス部門のマネージャー鶏田薫が登壇し、「2020年の振り返りと新代理店制度」についてプレゼンテーションを行いました。要点は以下のとおりです。

1)2020年の振り返り

① 外部パートナーとの連携によってプロダクト強化を促進

5月:検討層向けソリューションYahoo! JAPAN向け検討開始、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表

11月:Unified ID開発の取り組み、Oracle Data Cloudとの連携でブランドセイフティ強化を発表

② 新プロダクトの成長

2020年にはリターゲティング以外のプロダクトの導入数が1.6倍、売り上げは1.4倍(いずれも前年比)を記録しました。

2)代理店向けサーベイの結果(抜粋)
  • Criteoに対してどの程度満足していただいているか?→全体の84%が「満足」「やや満足」と回答。
  • Criteoのプロダクトを提案するにあたって重視しているものは?→最も多かった回答は「パフォーマンス」。次いで「設定の柔軟性、多様性」、「サポートの厚さ」の順となった。
3)新認定代理店制度

認定代理店制度の名称を「スターランク」から「パートナーステイタス」への変更、基準売上額の見直しについて解説しました。

4)新パートナープログラム
  • Criteo Advertising Academy:2021年春に開設予定。トレーニングコンテンツやプロフェッショナル認定テストなどを拡充し、Criteoプロダクトの販売をサポート。
  • 新たなパートナー制度として、Criteo Tech Partner (Data Feed Partner、Tag Partner) 制度を新設。
  • Criteoに関する優れた知識と経験をもった個人をCriteoが独自に判断・認定する「Criteo Expert」制度を新設。

鶏田は、「2021年はCriteoが東京支社を設置してから丸10年の節目の年となります。10年間でここまで成長できたのは代理店の皆様のおかげです。2021年はCriteoグローバルとしても代理店の皆様との関係強化に取り組んで参りますので、引き続きご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」と述べ、プレゼンテーションを締めくくりました。

Criteo Certified Partners授与式

続いて、Criteo Certified Partners 2021上半期の授与式が行われ、優秀な成績を収められた代理店の皆様を発表、ステイタスに応じた賞が授与されました。なお、最高賞にあたるDiamond Agencyには株式会社サイバーエージェント様が選ばれました。

また、今回新設された「Criteo Expert」には、Septeni Japan 余川様、ソウルドアウト 小野様、フィードフォース 北島様の3名を選出・表彰させて頂きました。

プロダクトロードマップとアップデート情報

次にCriteoの蜂須賀 亮より、2021年の展望として、プロダクトロードマップとアップデートについてプレゼンテーションを行いました。蜂須賀は、2021年のCriteoの取り組みのキーワードとして以下の3点を強調、それぞれの概要について解説しました。

  • 1st Party Commerce Dataへのアクセス
  • Commerce Media Platformへの変革
  • 外部パートナーとの連携を強化

最後にCriteoのExecutive Agency Partnerである小野良一が、「2021年は、クッキーレス時代の幕開けの年。Criteoは新しいID技術の開発などの挑戦を通じて、クッキーレスの新しい時代と正面から向き合い、新しい時代をサバイブしていきます。そしてCommerce Media Platformへと進化していきます。今後も代理店の皆様にとって共にビジネスを成長させるパートナーとしてお役に立ちたいとスタッフ全員が考えています。引き続きCriteoをどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつし、会を締めくくりました。

ご参加いただいた代理店の皆様、本当にありがとうございました。2021年のCriteoに、どうぞご期待いただきますようにお願いいたします。

なお、アワードでのプレゼンテーションの内容や、新しいパートナー制度の詳細についてお知りになりたい方はCriteoの担当者までお気軽にお問い合わせください。

ゴールを成果に転換するには?

サイトトラフィックや売上を増やし、アプリのインストールを加速させたいですか?Criteoには、あらゆるビジネスゴールの達成をサポートするソリューションが揃っています。