X

プライバシーポリシー

Criteoのプライバシーポリシーについて

Criteo(クリテオ)は、ユーザのプライバシーを非常に重視しております。このプライバシーポリシーは、当社のサービスを通じて収集するデータに適用される主要なプライバシー原則を規定し詳説するものです。

当社の企業ウェブサイトのみのプライバシーポリシーについては、こちらをクリックしてください。

Criteo のサービスについて

Criteo はパーソナライズされた広告を提供しています。当社は、オンラインのパートナー(広告主)と協力して、ウェブサイトやモバイルアプリケーションの訪問者向けに広告を作成し、パブリッシャーと協力してパーソナライズされた広告を表示します。

当社は、ユーザのブラウジング行動に基づき、興味のありそうな商品や関連する商品をバナーを表示する広告を配信しています。たとえば、ユーザが A というウェブサイト/モバイルアプリケーションにアクセスし閲覧した場合、次にオンラインで訪問する B というウェブサイト/モバイルアプリケーション上では、ウェブサイト/モバイルアプリケーション A での閲覧履歴によってパーソナライズされた広告が表示されます。

Criteo のサービスをご利用いただくと、Criteo を利用しない場合に配信される広告に比べ、ユーザにより関連性のあるパーソナライズされた広告が配信されます。Interest Based Advertising(興味・関心に基づく広告)に関する詳細は、こちらをクリックしてください。

広告配信停止(オプトアウト)について

Criteoが提供する広告を表示したくない場合、現在使用しているブラウザを含め、Criteoがリンクしている全てのブラウザへの配信をこちらで無効にできます。

もし現在使用されているブラウザのみで広告配信を停止したい場合は、チェックボックスのチェックを外して下さい。

Opt-out

  • あなたはただいま、現在使用中のブラウザと当社が技術的な識別子によりマッチしたブラウザ上で Criteoのサービスを無効にしました。マッチしたブラウザのオプトアウトは、6 週間以内に発生した場合、同じブラウザで当社が再度ユーザを確認した時点において有効となりますのでご注意ください。

  • あなたはただいま、現在のブラウザ上で、Criteo のサービスを無効にしました。
  • あなたはただいま、現在のブラウザ上で、Criteo のサービスを有効にしました。

  • Sorry, unable to process your request. Please try later.

詳しくはこちら

リンクされているブラウザ:

上記のボックスをチェックすることで、現在ご利用のブラウザの Cookie ID にリンクすることができるすべてのブラウザで当社サービスが利用できなくなることにご留意ください。

現在ご利用中のブラウザからのみオプトアウトを希望される場合、このボックスのチェックを外してください。

リンクされたブラウザからオプトアウトする場合、これらのブラウザに対するオプトアウトは、オプトアウト設定後6週間以内に当社のパートナーのウェブサイトを閲覧することで有効になります。

ご利用中のすべてのブラウザを当社で把握しているテクニカルIDにリンクできていない場合があるため、すべてのブラウザについて個別に当社サービスを無効にするようお勧めします。

どのような形式のオプトアウトをするにしても、いずれかのブラウザや環境において Criteo サービスからオプトアウトすることで、ユーザのリンク情報が削除され、オプトアウトしたブラウザを今後他のブラウザ/環境にリンクさせる対象から外します。

 

オンラインウェブ環境:

このセクションの指示どおりにオプトアウトすると、Cookie がお使いのブラウザ上にセットされます。当社サービスからオプトアウトしたユーザであると認識するために、リンクされている全てのブラウザにCookieの情報を保持する必要があります。ユーザがブラウザからこのCookie情報を削除した場合、あるいはリンクされていないブラウザを利用した場合、または新しいデバイスを利用してインターネットにアクセスした場合には、再度オプトアウトする必要があります。

アドブロックを利用している場合は、当社のウェブサイトのブロックを停止するか、ホワイトリストに追加する必要があることにご留意ください。

以下のリンクにアクセスすることでも、Criteo のサービスをオプトアウトできます。これらのプラットフォームは、ユーザが現在利用中のブラウザにおいて、登録企業が配信する興味や関心に基づく広告もオプトアウトすることにご注意ください。

米国:

EU:

前述のように当社では、当社独自のオプトアウト手段、また業界プラットフォーム経由、信号追跡を行わないウェブブラウザに応答しないといった選択を提供しております。

 

アプリ内環境:

ウェブブラウザの環境とアプリ内の環境は異なります。どのような環境での閲覧であれCriteoの広告を受信したくない場合、オンラインのウェブ環境(上記の説明)およびモバイルアプリケーション環境の双方について当社のサービスを無効にする必要があります。

今後、モバイルアプリケーション環境でCriteoのパーソナライズされたバナーを表示したくない場合は、オペレーティングシステムの設定を確認するか、または以下の手順に従ってください。

アンドロイドユーザ(バージョン 2.3 以上)

“opt-out of interest-based advertising”(インタレストベース広告を配信停止にする) オプションを利用するためには、Google が提供する案内に従ってください:Google Play Help。Google Play サービスをインストールしていないデバイスには、Criteo の広告は配信されません。

これはデバイスの設定であり、Criteo だけでなくすべてのプロバイダーからの興味や関心に基づく広告が利用できなくなることにご注意ください。

iOS ユーザ(バージョン 6 以上)

“Limit Ad-Tracking”(広告トラッキングの制限)オプションを利用するには、こちらの Apple が提供する案内に従ってください:Apple Support Center

これはデバイスの設定であり、Criteo だけでなくすべてのプロバイダーからの興味や関心に基づく広告が利用できなくなることにご注意ください。

 

Facebook

Criteoのサービスをオプトアウトすると、すぐにCriteoのネットワーク上の広告配信が停止されます。しかしFacebook は通常のCriteoのネットワークと配信環境と異なるため、リクエストが反映されるまでに最大5週間ほどかかります。

Facebookアカウントで表示されている広告を今すぐ停止するには、こちらからFacebookの設定を変更してください:Facebookの設定

Criteo の技術

当社は、お使いのブラウザ上に置かれたCookie、あるいはモバイル・アプリケーションのようにCookieをサポートしていない環境においては、広告 IDを介して情報を収集します。

ダイナミック リターゲティング

当社は、お使いのブラウザ上に置かれたCookie、あるいはモバイル・アプリケーションのようにCookieをサポートしていない環境においては、広告 IDを介して情報を収集します。

こうした技術によってCriteoはパートナーサイトやモバイルアプリケーションへの訪問者に「タグ付け」を行います。Criteo によってタグ付けされたユーザには、技術的な識別子が与えられます。Criteo がユーザの名前や住所などの個人を特定できる情報を収集することは一切ありません。Criteoが配信した広告を通じて訪問者が閲覧した製品および訪問したパートナーのページという限定された情報が Criteo の分析対象となります。

Criteoのパートナーの広告は、「パブリッシャー」と呼ばれる多数のウェブサイトで表示されます。これらのパブリッシャーでも、ユーザのブラウザにCookieを付与する場合があります。このCookieは、Criteoによってパーソナライズされた広告がブラウザで利用できることをパブリッシャーが確認するために利用されています。その利用については、パブリッシャー固有のプライバシーポリシー(パブリッシャーのウェブサイトから直接入手可能)によって規定されています。

クロスデバイスへの対応

当社のパーソナライズ広告をシームレスなウェブ体験で提供するために、当社ではユーザが利用している別のブラウザや環境で識別子をリンクさせる場合があります(「IDシンク」)。この IDシンク技術により、マッチングを機能させる上でユーザの名前や住所などの個人情報を収集・処理することなく、ユーザがどのようなデバイスやブラウザを使用していても、Criteoは最も関連性の高い広告をユーザに配信することが可能です。Criteoが提供するサービスを通じて当社に渡される可能性がある広告主の識別子や、当社に提供されるハッシュ化されたEメールなどの技術的データを活用することで、異なるブラウザを使うユーザの完全一致を実現しています。当社はまた、同じ目的のために多様なリンキング手法を用いて、またプライバシーとデータ保護の観点から同等の保証レベルで、信頼できるパートナーからIDシンク情報を受け取る場合があります。詳細については、「データの収集と使用について」の項目を参照してください。

データの収集と使用について

Criteoは、ユーザが誰なのかを把握していません。Criteoは、パーソナライズされた広告を表示するために、ブラウザの閲覧に関連する技術データのみを収集し使用します。

閲覧情報の収集

Criteo ネットワークで収集されるデータ

関連性の高い広告を配信するため、Criteoはパターンを特定する能力を持つ必要がありますが、個人を特定できるデータ(氏名、電話番号、住所など)を意図的に保管したいとは考えていません。Criteoが収集するのは、以下を記録する Cookie や広告 ID を通じた閲覧行動のデータに限られます。

-    パートナーサイトの訪問記録に関連するイベント(例えば、閲覧ページ数や、そのウェブサイト上での閲覧製品、パートナーのウェブサイト上で行った検索など)

-    ユーザのデバイスに関連する情報(デバイスの種類、オペレーティングシステム、バージョン)

-    ユーザに配信された広告数など、Criteo の広告アクティビティに関連するイベント

また、当社ではユーザが利用している異なるブラウザやモバイルアプリをリンクさせることを目的として、広告パートナーから技術的なユーザ識別子を収集し、ブラウザ環境にまたがった訪問記録(「ID シンク」)に基づいた関連広告を配信しています。この目的のために、当社では以下のものを保存します。

  • 当社の広告パートナーの技術的 ID、ハッシュ化したCRM ID、またはハッシュ化したメールアドレスを保存します。情報の不可逆性を保証するために最先端技術に基づいた二重ハッシュ法を使用しています。Eメールをハッシュ化することで、ユーザの識別を許可しないように対応しています。例: name@mail.com をハッシュ化すると 98307a5ba02fa1072b8792f743bd8b5151360556b8e5a6120fa9a04ae02c88c0
  • 安全でユーザ個人を特定しない方法でのパーソナライズと顧客分析を実現するためにモバイル事業者が作成した特定の技術データであるモバイル広告 ID(Apple IDFA や Google AAIDなど)

信頼できるパートナーから集めたデータ

IDシンクを向上させ、シームレスなオンライン体験の提供を保証する目的で、当社は第三者から技術的な識別子を収集することがあります。これらの信頼できるパートナーは、CriteoがユーザのCookieやモバイル識別子をリンクさせ、エンドユーザに効率的な選択(オプトアウト)を提供できるようにするIDシンク情報のみを共有することを約束しています。例:当社のパートナーから取得したリンク情報がCookie ID ABC = Apple IDFA 123 = MD5 ハッシュ値となる場合があります。当社のパートナーは決定論的評価または確率論的評価を採用するかもしれませんが、いずれの場合においても、IDシンク情報以外で当社のパートナーがサービスの過程で収集しうる他のデータ(個人を識別する情報か個人を識別できない情報かを問わず)が当社と共有されることは決してありません。これに加え、Criteo はそのすべてのパートナーに対し、データの収集や利用から簡単にオプトアウトする手段を提供するよう要求しています。

識別情報を収集することはありません

Criteoは、ユーザが誰なのかを把握していません。ユーザの住所や勤務地、生年月日、Eメールアドレス、電話番号、その他いかなる個人情報も把握していません。Criteo はターゲティングを目的*として、完全なIPアドレスを利用したり保存したりすることはありません。

当社は UDID、Mac アドレスなどのハードウェアベースの識別子を収集することはありません。

Criteo は、機密性の高い情報(例えば、宗教、政治的意見、健康に関する情報など)を収集しません。

Criteo は、特に 16 歳未満の子どもを対象とするセグメントは作成いたしません。

当社は、ユーザの個人情報を特定する目的で、直接または間接的に利用できるいかなる情報も処理しません。

この情報収集の目的は、ユーザに表示される広告の関連性を高めることです。Criteoが収集するデータは、顧客やパートナーが広告キャンペーンの成果を確認し、時を経てそれらの成果を向上させるためのレポートにも使用されます。

集合データを共有する場合があります

当社は子会社または関連会社が収集した情報を共有しますが、当社パートナーと共有するのは集合データです。つまり、パートナーの特定を許さないデータ、あるいはユーザが直接特定できないデータです。当社が集合データ以外のデータを共有する場合は、パートナーの承認を得た上で業務契約に基づいて行われます。

当社はオークションを通じ広告表示を購入するためにアドエクスチェンジプラットフォームと提携しています。オークションの前に、当社のIDをアドエクスチェンジプラットフォームとリンクさせ、入札価格や表示するためのバナーコードを送信することによってオークションに参加します。

*最高の業界標準に準拠して当社は 完全IPアドレスのみを使用しています:

-    不正行為を検知する目的で(ターゲティング目的ではありません)、限定された期間内に膨大なクリック回数があった場合など、人間の行動に関連しないアラートの状況を監視することが目的です。あるいは、

-    地理情報の抽出のため。

Criteo のコミットメントと遵守

Criteo はユーザのためにより高い透明性と制御にいち早く取り組んできました。

Criteo は、ユーザのためにより高い透明性と制御の取り組みをサポートしており、以下の取り組みをいち早く採用しております。

undefined The Digital Advertising Alliance

Criteo は、オンライン行動広告のためのDigital Advertising Alliance(デジタルアドバタイジングアライアンス)による自己規制原則に準拠しています。また消費者の広告サービスとプライバシーに関連する一般情報からオプトアウトできる選択肢ページを提供する、DAA オプトアウトのプラットフォームに登録しています。

undefined The Network Advertising Initiative

Criteo は、Network Advertising Initiative(ネットワーク広告イニシアティブ)の規格 (NAI Code of Conduct, Mobile Application Code)に準拠しています。NAIは、消費者が選択を表明できるようにし、個人情報や興味・関心に基づく広告 Interest Based Advertisingに関する一般情報を提供するためにオンライン・ウェブ opt-out platform のオプトアウトプラットフォームを提供しています。

 IAB Europe

Criteo は IAB Europe に加盟し、その OBAフレームワークに準拠しています。IAB Europe は、消費者に対しオンライン・ウェブ opt-out platform を提供し、プライバシーツールに関して消費者に一般的な情報を提供しています。

 undefined EDAA

Criteo は欧州デジタル広告アライアンス(EDAA)の会員であり、EDAAの自主規制条項に遵守しています。Criteoは、独立データ保護のEDAA認証を取得しています。

EDAA は、広告主、広告代理店部門、ダイレクトマーケティング部門、広告ネットワーク部門、メディア部門を代表する欧州産業連合によって設立されました。

EDAA は、消費者にオンラインでウェブ オプトアウトプラットフォームを提供し、また、消費者に対して、プライバシーツールに関する一般的な情報を提供しています。

DAAC

Criteo はDigital Advertising Alliance of Canada (DAAC) のメンバーであり、DAAC の自主規制原則に準拠しています。

 EU域外へのデータの転送

データ保護とプライバシーに関しては、当社は全世界のすべてのパートナーに高レベルの要件を課しています。このように、当社パートナーの一つとの関係が欧州連合域外のクロスボーダーのデータフローに関わる場合、当社のパートナーは欧州委員会が採択した標準契約条項をいかなる制約も制限も付けず準拠することで最高のデータ保護規準に準拠することを約束するものとします。

undefined TRUSTe

Criteo には、TRUSTe(トラスティー)のプライバシーに関する保護マークが与えられています。それは、このプライバシーポリシーおよびポリシーの実施が TRUSTe による審査を受け、透明性、説明責任、ユーザ情報の収集と利用に関する選択を含む TRUSTe のプログラム要件 TRUSTe's program requirements  を順守していることを表すものです。

TTRUSTe のプログラムは、第三者のデスクトップウェブサイトからそのサービスを通じてCriteoが収集し利用する情報を取り扱うものです。

データセキュリティと保存

ユーザの情報のセキュリティはCriteoにとって非常に重要です。当社は、ファイアウォールや暗号化を含む業界標準のセキュリティ対策を実施しています。

当社は、技術データをその収集日から最長13 ヵ月保存します。当社の Cookie は最後に更新されてから 13 ヵ月後に 失効します。

不正行為を検知した場合、潜在的な不正活動の調査のために IP アドレスを最大 6 ヵ月保持する場合があります。 その IP アドレスは Criteo のアルゴリズムに責任を持つチームとは分離したチームによって処理が行われます。

このプライバシーポリシーは更新または変更される場合があることにご注意ください。当社がプライバシーポリシーを変更した場合、このプライバシー表明への変更や当社が適切と見なすその他の場所への変更を掲示し、当社が収集する情報やそれを使用する方法、使用の状況などをユーザが確認できるよう、開示します。当社が何らかの資料の変更を行う場合は、その変更が効力を持つ前に、このサイト上での通知によりユーザにお知らせいたします。 プライバシーポリシーの最新バージョンは、こちらをクリックしてください

最終更新日: 2016/5/26

お問い合わせ

このプライバシーポリシーに関するご質問については、下記にお問い合わせください。

E メール: cil@criteo.com

住所:CIL-CRITEO – 32 Rue Blanche -75009 Paris- France

当社の返答にご満足いただけない場合は、こちらから TRUSTe here にお問い合わせください。